現行品 vs 型落ち品

さて、前回予告したのでまた難しいテーマ・・・「現行品と型落ち品はどっちを買うのか」ってのをやってみたいと思います^^;
過去に予告しながら期間が空きすぎて続編が書けなかった、という前科があるので急いでアップですw

まず、その商品についてよく知っているかどうかというのは、もの凄く重要なポイントではないかと思います。
それを知らなければ必然的に比較のしようがないためです。

よく知っているならば、迷わず比較して行きます。
当然現行品の方が新機能が豊富であると思いますので、比較は「現行品の機能」と「型落ち品の値段」で行います。
算数でみなさん習ったかと思いますが、当然「単位が違えば比較はできない」ので、ここは「自分の満足度」を単位としましょうw
モデルチェンジにはフルモデルチェンジとマイナーチェンジがあるのはどの業界も一緒です。
マイナーチェンジだと、前機種の不具合や使い勝手の悪さ等の小変更が中心で、「できること」自体はあまり変わりません。
この場合だと、よほどのことがない限り値段の落ちた「型落ち」を選んだ方がお得だと思います。
問題は、「フルモデルチェンジ」の時ですね。新しい技術や大幅なスペックアップがあるにも関わらず、定価が据え置きといった場合、
型落ちの値段と新しいスペックをよく比較しないと、俗に言う「安物買いの銭失い」状態が発生する可能性があります。
そうは言っても・・・ですよね^^; 私の場合、その難しい比較は「現行の一つ下位の機種」で行うことが多いです。
理由は、型落ちの値段と現行の下位機種が同じくらいの値段であることが多いためです。
もし、現行の下位機種の性能より型落ちが見劣りするなら、現行品を買った方が間違いなく幸せなはずです。
これはおそらくすぐに導き出せる結論でしょう。
型落ちの上位機種の方が性能が著しく上だった時は、もちろん型落ち品がお買い得だと思います。
ただし、現行品の新機能にどれほどの魅力があるか、といった問題で悩む可能性はぬぐい切れませんが・・・

さて、同程度の機能だったらどうでしょう・・・
私は、多くの場合これで悩みます。「型落ちの上位機種の方がいい部品を使ってるのではないだろうか・・・」というのはもちろん、
「現行上位機種」と「現行下位機種」、「型落ち(上位機種)」の三つ巴で悩むことも珍しくありませんw
「型落ち」を候補に入れてる時点で、すでに私の欲しい機能は備わってるわけですから、「現行上位機種」は「贅沢」の領域だとも思いますし、
なんてったって「現行」がいいに決まってる。例え一つ下位の機種でも・・・と「新しもの好き」の血も騒ぎますw
その場合の決定方法ですが・・・これは自分で決めるのも自分に酷ですので、店員さんに決めてもらいますw
・・・といっても、「どれを買った方がいいですかね?」なんて聞き方はしません。そう、ここで「値引き勝負」なのです!
どっちも同じくらいの値段だとしても、全く同じ値段が限界だとは限りませんし、現行上位機種が全く値段で勝負できないとも限りません。
そこで、「どれが安くなるの?」とストレートに切り出して反応を伺うのですw
もちろん、お得感を醸し出している、と感じる方を買います。
ここで意外なのが、「新製品でも大幅値引きがあり得る」ということ。メーカーが新製品を出したときは販売店に対して「販促手当」みたいなモノを
用意していることが多いので、ビックリ価格が登場したりすることもあるのです。
具体的に言うと、「現行上位機種」が型落ち品の値段で買えたりする可能性がある、ということですね。
ですが、これはまさにタイミングの問題であったりしますので、「店員に聞いてみる」という行為が大事になってくるわけです。

そもそも「型落ち」の製品はいずれその市場から消えて無くなっていくわけですので、「比較して買う」ことができる期間もわずかです。
「型落ち安いや!ラッキ~」くらいの軽いのりでお店に行きましょうw

あ、冒頭に書いた「その製品に詳しいかどうか」で詳しくなかった場合ですが・・・
迷わず新製品を買いましょう。その方が精神衛生上いいはずですよ^^

この手のテーマは、永遠のものであるかも知れませんね。
あえて触れませんでしたが、「評判の良かった製品」と「何か不具合が出てくるかも知れない新製品」といったことも考慮に入れる必要があるからです。
いずれにせよ、自分が買った後はあれこれ見ない、悩まない。これが一番重要なのかも・・・です^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。