テレビの画質改善を狙う

テレビを今のテレビに変えた時、なぜか地上波(いわゆる普通のテレビです)が汚く映って見えるという、なんともショッキングな現象に遭遇しました。
まあ、その後すぐにそれがテレビのせいではなく受信状態が原因であるというのがわかったのですが・・・^^;

前のテレビの時と同じ受信状態であるにもかかわらず、なぜそういった事が起きたかというと、
簡単に言ってしまえば、テレビ自体の解像度が飛躍的にあがってしまったからなのです。
今まではうまい具合にボケてごまかされ、キレイに見えていたのですが、さすがにハイビジョン対応のテレビには通用しませんでしたw
そこで、アンテナを変えたりテレビの画質調整をしたり、まあ試行錯誤の末「テレビを変えた甲斐があったな」という程度の画質を得ることができたのですが、
最近ひょんな事から「アンテナからダイレクトに受信できれば、さらにいい映りするのかな?」と言った疑問がでてきたのです。

多くの方がそうだと思いますが、通常アンテナ線は、まずビデオなり最近流行りのDVDレコなりに繋がり、そこからテレビへ配線していますよね。
ですので、テレビへの電波は否応なくワンクッション置いて届く状態になっているのです。
ご存じのように、電波やデータは常に減衰していくものですので、余計な場所を経由すればそれだけ減衰率は高くなります。
しかも中継点が、AV機器のど真ん中辺りになるので、余計なノイズを拾う可能性も多々あるでしょう。
違いがわずかであっても、ダイレクトに繋いだ場合とビデオ等を経由した場合では減衰率は確実に変わってくるはずです。
と言うことは、この減衰をどうにかして少なくしてやれば、画質はさらに向上するかも知れません。
まあ、アンテナを2本立てるというのが一番確実なのでしょうが、現実的に手間がかかりすぎるので今回は「分配点(中継点)」に目を付けてみました。
妨害電波の酒池肉林であると思われる、「各AV機器」から遠ざけることでノイズを拾う確率を減らすことが一番の目的ですが、ビデオ系機器での分配能力そのものを疑う意味も込めて、別に中継点を設けてみました。
つまり、アンテナ線を途中で分岐してテレビとビデオ機器にそれぞれ独立して接続してみるのです。

以前パソコンでHDD録画をしようという試みをやったとき、プラスチック筐体の分配器を使ったことがあるのですが、
結果は散々で、パソコンはもちろんテレビまで汚くなってしまうという失敗をしました^^;
中継点をパソコンの裏にしてしまった事と、安物分配器のせいでノイズを拾いまくってしまったのです。
そこで今回は、性能のよさげな亜鉛ダイカストでシールドされた分配器を購入し、中継点もノイズ源が限りなく少ない場所にしてみました。
さらに、そこからのケーブルをBSデジタル対応のS-5C-FBという、中にアルミ箔が巻いてあるノイズに強いものにしてみます。

さて結果は・・・
まさに、「驚愕」に値する激変ぶりでしたw
今までキレイに見えていた錯覚は、テレビが頑張って補正していたのですね^^; 今回はあきらかに画質そのものが向上しています。
ざらつきは全くなく、ノイズリダクション機能も当然必要ありません。
ゴーストがやや残ってる関係で、ゴーストリデューサー機能は働かせねばなりませんが、白色が確実に純白になったと言えばいいでしょうか・・・
ビデオで見た映画をDVDで改めて見たときの感動と同じ感覚ですw
地上波がここまでキレイだとは思いませんでした。 来るべき地上デジタル時代にもいい環境で望めそうですねw
ケーブルを変えた成果は、DVDレコにしっかり現れていましたし言うこと無しの結果に大満足です^^
惜しむらくは、わずかに出ているゴーストですが、テレビ側はGR機能が素晴らしい働きを見せてくれるため問題ありません。
テレビの画質を良くしたいと思ってる人は、是非試してみてください^^

ちなみに、ケーブルのS-5C-FBですが、ホームセンターで10m巻きで2000円前後しますが、メーター売りだと100円/mでした。
必要な分だけ購入することもできますし、なぜか半額なのでメーター売りのものを購入した方がお得ですよ~^^
あ、分配器は2分配で2~3千円前後だったと思います。私が買ったのが4分配なので、正確にはわかりません^^;
ネットだと4分配でも3千円前後であるので、そちらを探してみるのもいいかもしれませんね。
え?なぜ4分配を買ったかって?・・・それは今は秘密ですwww

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。