F1GP閉幕

さてさて、F1シーズン2005が無事(?)終了しました。
3月の私の予想をあらためて見たところ、意外にイイ線行ってましたねw
コンストのタイトル予想という点では思いっきりはずしてますので大口は叩けませんが…^^;
BARの6位と誰でも予想できそうな下位3チームがピタリ賞でしたw

今年のグランプリを振り返ると、とんでもなくつまんないシーズンだったな…と思います。
琢磨の不振はもちろん残念極まりないですが、予選方式やタイヤ交換の件、それにエンジン2レース1機ってのはやはり面白くなくする要素でした。
そんな中でマクラーレンの異次元の速さとルノーの無敵の信頼感は際だつものがあり、あらためてすごいチームだということを再認識もできましたね。
フェラーリは早くから今シーズンをあきらめたようで、その点は残念ですが、シーズンを簡単に棒に振れる経済力はさすがです^^;
F2005投入後はほとんどアップグレードしなかったですよね?それでもこの順位ってのが驚きといえば驚きですし。

さて、BARですが…
何やってんだ???の序盤戦から持ち直し、なんとか挽回。終盤はバトンの連続ポイントで幕を閉じました。
来年からは念願のオールホンダでの再出発となりますので、今後も要チェックですね^^
あ、そうそう。忘れてはいけませんが、トヨタの大躍進も目を見張るものがありました。
トップチームに限りなく近づくパフォーマンスが随所に見られました。ドライバーもいいですし、来年もこの調子だとちょっと怖い存在になってくるかも…
私はアンチですので応援はしませんがw

そして…あまり触れたくないのですが、琢磨ですw
今シーズンは限りなくついてない年になってしまいました^^; 全戦参戦してわずか1ポイント。レギュラードライバーでは最下位じゃないですか…
来年からのオールホンダを前にシートを失ってしまったのは残念でなりません。
しかし、今期の彼は非難されるべきこともたくさんやってますね。
鈴鹿の追突等に代表されるように、彼のドライビングには「無謀」のレッテルが貼られてしまいました^^;
思い切りがいいところは大好きですし、速さも疑ってませんが、ちょっと焦りすぎ…というか過信しちゃってるフシがあるのではないでしょうか?
来シーズンは新チームからの参戦濃厚のようで、とりあえずホッとしましたがこれを機会にもう一度レースを考えて欲しいですね。
シーズン終盤の走りは、私が見る限り「無謀」以外の何者でもありませんでした。擁護する言葉すら思いつきません…
あんな失態を繰り返していると、F1界にシートなくなっちゃいますよ?^^;

来年の話もぼちぼち聞こえてきますが、まだストーブリーグは始まったばかり。
とりあえずは琢磨のシートが早期に決定することを切に願います。

ちなみに、私がつかんでいる噂だと…新チームはホンダの2ndチームで拠点はイギリスの元F1工場。チームはオールニッポンって感じです。
ドライバーは琢磨とデビッドソンってのが有力だと思われますが、IRLの松下が参戦か…という大胆な噂もありますね。
後はこれらよりも信憑性の低い噂ばかりであえて書くほどの情報はありませんw
チーム代表はアレジか鈴木亜久利か…な~んて言われてますけど、どっちも違うような気がしますwww
カーリンが絡むとかダラーラだとか…書き出したらキリがないですが、あと1ヶ月もすれば参戦できるかどうかまでわかりますのでしばしお待ちを!^^

最後に、地上波は今年も全然見てないのですが、やっとあの山田優が降ろされるようですね^^
顔だけでF1ドライバーの好き嫌いを決めるやつは公共の電波で語る資格無しです!
永井大もほぼ同罪ですが、彼はまだ残るみたいですね~。
キンキの堂本洸一でしたっけ?彼がF1大好きじゃないですか。少なくともそんな人にまかせればもう少しマシになりそうなのに。
数字だけでいいのか、フジテレビ!!

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。