ゲーム娯楽は高いのか…?

XBOX360、定価 39,795円。

普通、ほとんどの人が「高いよ…」と思わずつぶやくのではないでしょうか…

しかし!ゲームって…レジャーの一つとして見た場合、ホントに高いんですかね?

「たかがゲーム機に…」って考えをとりあえず置いておいて、趣味として冷静に考えてみましょうw

 

まず、XBOX360本体の減価償却から…

新機種発売まで最低2年はかかるとして、2年間は現行機種として確実に遊べるわけですから、39,795(円)/24(ヶ月)で一ヶ月当たりいくらかかるのかを計算します。

すると、一ヶ月当たりおよそ1,650円程度であることがわかります。

もちろん本体だけでは遊べませんので、ソフトの計算もしなければなりません。

ソフトがだいたい一本6,800円ぐらいが定価のため、もし仮に一ヶ月一本ソフトを買い続けたとして本体の1680円+6800円=8480円。

これがゲームにかかる値段なんです。意外に安いと思いませんか?

一日外で遊んだら一万円じゃ足りないことがほとんどでしょう?そう考えるとそれほどこの金額が高くないと感じることができると思います。

しかも、実際毎月ソフトを買う人はかなりコアな人達で、普通はそんなにたくさんのソフトは買わないでしょうね…僕もそこまでは買いません^^;

そう考えると、ゲーム機にかかる金額なんてほんとに微々たるものなんですよ^^

それで2年間遊べるのだから安いものです。

 

ソフトなんかは時間単価で見るともっと安く感じるんじゃないかな…

映画は約2時間で1800円。CDは1時間で3千円もします。DVDは…ちょっと金額がばらつきすぎですが、これは安いかな…?

ゲームは、ご存じの用にクリアまでに10時間以上かかるものがほとんどです。10時間で6800円だとすると、時間単価はわずか680円!

 

けど、初期投資が結構かかるんじゃちょっとね…と思われたあなた!

趣味で初期投資があまりかからないものの方が少ないですし、よくよく考えると、そんな中では比較的少ない初期投資で遊べるんですよ。

僕が少しだけ知ってるカメラの世界で見てみると、本体が約20万(参考:ニコンD200)、それにレンズが安くても一本5万~10万。スピードライトが3万、記録用メモリが一枚1万…もちろん趣味としてのカメラですので、3本程度はレンズが欲しいところです。三脚も最低1万程度のものがいるでしょうね。

本体にレンズ一本、メモリー一枚だけの、とりあえず撮影はできる!というセットでも25万は超えていきますよ^^;

撮影に行くたびに交通費や駐車場代、施設への入場料などがかかることも見逃せないですしね~。

 

釣りなんかはもっと悲惨じゃないですか?

釣りのセットを一通り買うと10万円くらいは確実に要りますし、さらに釣りに行くたびに1万円は船代やえさ代などで飛んでいくでしょう…

 

XBOXを最低限遊ぶためのセットはソフト込みで5万円を確実に切りますよね?

そうなんです。ゲームはあまりお金がかからないんです^^

 

もちろん、この考察はあくまで「大人のレジャー」としてゲーム機を捉えた場合であって、子供にとってはやはり高価な代物ですが…^^;

まあ、ゲーム世代が大人になった時代ですので、これからはゲームも「大人のレジャー」になって行くはず!…だろうと…思…い…(自信なし^^;)あえて今回の記事を書いてみましたw

 

あ!ちなみに、この記事はかなりゲーム寄りに書いてますので突っ込みどころが満載かと思います^^;

申し訳ありません…w

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。