紅白歌合戦…

紅白歌合戦って今の若い人達は全く見ないんですね~。PRIDEとかK1の方も面白いと思いますが、やはり年末は紅白でしょう^^

最近は視聴率が下がりっぱなしということで、かなりのテコ入れをしたようですが、そのおかげでか、ちょっと持ち直したそうですね。

でも…なんだか最近の紅白歌合戦は面白くないんですよね…僕は毎年見てるので視聴率には貢献してる(モニターではないです^^;)とは思うのですが、それはあくまで「年末これを見ないと年を越せない」という、ある種年越しそばのような感覚で見ているだけなんです。

なぜこれほどまでに衰退してしまったのか…という理由はいくつも考えられますが、その一つは間違いなく演出や出場者の質の問題ではないかと思っています。

歌がうまい人達が集って男女(紅白)に分かれて戦うのが本来の紅白歌合戦のあるべき姿ではないでしょうか。

変にショーアップしてしまったり、人気だけの歌手を歌わせたりしてきたのが、近年の衰退の大きな原因じゃないのかな?

こういった番組構成なら、HEY HEY HEYやミュージックステーションで一年中見れますよね。演歌を除けば…^^;

トークは断然それらの番組が面白いですし、衣装が多少豪華になることを除けば普段あってる歌番組となんら変わらないと思いませんか?

 

デビューして間もない歌手が出れるような場所ではなかったからこそ、みんな「めざせ紅白」と頑張ってきたし、そうやって頑張って掴んだ舞台だからみんな一所懸命歌う…僕らはその「一世一代の晴れ舞台」を見たくて紅白を見ていたのではないでしょうか。

そういったことがないがしろにされて、ただただ人気を集めるためだけの番組と変わろうとしたのが大きな失敗の原因だと思います。

要するに、紅白歌合戦という舞台自体に価値を見いだせないんです。僕らも、そしておそらく歌手の方々も…

個人的には、原点に帰って歌で勝負する番組に戻って欲しいと願っています。そうすれば視聴率も戻ってきそうな気がするんですけどね。

 

和田アキ子が白組で出たり、SMAPがトリをつとめるような番組じゃ、この先もずっと見るかどうかわかりませんよwww

 

…しっかし、正月は何も書くこと無いなぁ…^^;

 

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。