いよいよデジカメの時代ですか?

っていうか、とっくにデジカメの時代ですね^^;

今週中頃でしたっけ?ニコンが銀塩部門撤退というかなり衝撃的なニュースが流れました。

老舗のカメラメーカーが、デジカメオンリーで行く決心をしたのですから、かなり大きな決心だったのではないでしょうか…

僕なんかは、デジカメの時代が来なかったら一眼レフなんて手にすることも無かった口なので、デジカメオンリー大歓迎なのですが、古くからのファンの方々は複雑な気持ちなんじゃないかなぁ…と思います。

 

しかし驚きました…あのニコンでさえ銀塩の売り上げはわずか2%を占めるに過ぎなかったんですね~。

昨年暮れの12月にD200というかなり戦略的なモデルを投入してきたのもうなずけます。要するに、あのモデル投入こそが「デジカメで行くぞ!」という気合いの現れだったのですね^^

この調子でレンズをどんどん安く…と言いたいところですが、それはまた別の話ですね^^;

これから続々デジカメのいい機種が登場してくることを期待します^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。