Call of Duty 2(XBOX360)

昨日ですか?体験版がダウンロードできるようになりましたね^^

アメリカでは、本体と同時発売でしたっけ…日本ではまだできないCall of Duty 2。

待ち望んでいるタイトルの一つです。しかし、日本でのローカライズ担当コナミがなかなか出してくれないのでやきもきしています^^;

 

やっと体験版が…ということで、もちろん飛びついてダウンロード。早速プレイしてみました^^

 

第二次世界大戦の一場面ということで、主人公(自分)は、あくまで一兵士。よくある「スーパーヒーロー」になるゲームではないですね。

体験版の始まりは、トラックに乗って敵陣に乗り込むところから。あちらこちらに轟く爆音で、一気に臨場感が高まります。

画像は当然文句の付けようがない出来です。音も、5.1chを存分に使い、銃弾が飛び交っていて怖いですw この辺は、さすがXBOX360ですね^^

 

雰囲気は、プライベートライアンを思い出してもらったらわかりやすいかな…まさにあのまんまって感じです。

白兵戦の恐怖感があふれています。隣で味方がいきなり吹っ飛んだり、ドアを蹴破ろうとした兵士が、ドアの向こうからハチの巣にされたり…

思わず「うぉっ!」と叫んでしまうことが多々ありましたw

「カランカラン…」と音がして、何だろう?と思ったら、味方からの「グレネーーード!!!」と叫ぶ声。「やべぇぇ!」と、慌てて後退することも…

「こんな事をリアルで体験した人達がいるんだよな…」と、あらためて戦争の恐ろしさを感じてしまいました。

建物の中に入るのも一苦労…当然中には敵が待ちかまえていることが予想されるわけで…とりあえず手榴弾で中を一掃してから突入するなどして、頑張って道を空けていきます。

ある程度進んでいくと、味方の上陸部隊と合流し、体験版はそこで終了ですが、これだけでも十分世界を堪能できます。やはりいいゲームのようですね^^

 

戦争物なので、敵と味方の区別がしにくいのも、個人的には○です^^ むやみやたらに撃つことができず、バッタリ出会ったら一瞬お互い固まってしまいますw

まあ、向こうが一瞬遅れるのは、ゲームバランスでのラグが設定されてるだけなのでしょうけどね^^;

 

こういうゲームが出ると、すぐ「教育上…」とか言われちゃいますが、個人的には、「絶対戦争はイヤだ…」と、あらためて思いましたし、案外いい意味での教育になったりするんじゃないかな…と思います。

擬似的にでも、人を殺すって行為があるのは間違いないので、その辺が微妙かもしれませんが、普通の人なら殺されるという恐怖から、殺すことの罪悪感も学べるはず…なんだか、そういった事まで考えさせられるリアルさがあるゲームだと思います。

 

とにかく、コナミは早くこのゲームを日本で発売してください!w

あんまりグズグズしてると、PC版買っちゃいますよ~ww

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。