無線LANを試してみました

日曜日の野球観戦の後、無線LANのルータを買ってきたので、とうとう我が家にもワイヤレスLAN環境が導入されました^^

購入したのは、BUFFALOのWHR-AM54G54。ルータ機能付きのアクセスポイントです。

DSCN2673.jpg

単なるアクセスポイントを買うかルータ機能付きを買うかで散々悩んだのですが、結局「ルータ機能付き」を買って「ブリッジで繋ぐ」という、一番もったいないやり方を選択^^;

ヨドバシで基本機能がちゃんとあるのかと言うことと値段だけで決めてきましたw

 

つなぎ方は簡単でしたね~。

PC本体にすでに子機が内蔵されてることもあり、箱を開けてからネットに繋がるまでに3分かかりませんでした^^

ブリッジで繋ぐためのスイッチがついてるので、スイッチをブリッジ側にしてやれば設定は何もなしでした。

 

さて、このままだと傍受し放題、繋がり放題なので、ちょっとセキュリティを上げてやらなければなりません。

これも簡単だろう…と高をくくっていたのですが、これが大きな間違い^^; 説明書通りにやっても、WHR-AM54G54にアクセスできないのです…

説明書を見てみると…

1、AirNavigator CDをパソコンにセットします。しばらくすると起動します。

2、「エアステーション設定」を選択して、「実行」をクリックします。

3、お使いの無線アダプタを選択して、「次へ」をクリックします。

4、ユーザー名とパスワードの入力画面が…

と書いてあるのですが、どうしても4番にたどり着けません・゚・(つД`)・゚・

何回試みても、BA-8000Proの設定画面が見えてしまいます。

「エアステーション設定」ってのがIPアドレスを探してIEで表示するってのはわかるのですが、なんでまたBA-8000Proの設定画面を…^^;

すぐに「ブリッジだから無線ルータをスルーしてるのでは?」と疑ったのですが、説明書の端から端まで読んでも、そんな注意書きは一言もありません。オンラインでQ&Aを見てみても同じ。

他に方法は無いものか…と直接IPアドレスを入力する方法も試みてみたのですが、「デフォルトでは、192.168.11.100」というのを実行してみても何も出てきませんでした…

無線ルータにアクセスできないので、デフォルトのIPを変更するはずもなく、なぜアクセスできないのかさっぱりわからないまま1時間…

結局、ブリッジモード→ルータモードにスイッチを入れ替えるとあっさり探し当てました^^;

 

なんて言ったらいいのか…僕のやってたこと(最初からブリッジで動作させる)って、そんなに奇抜なことなんですかね?w

ハード側にスイッチがあるのだから、そうやって最初から接続しようとする人も多いんじゃないですか?ルータモードじゃないと本体にアクセスできない可能性があるなら、その旨は記しておいて欲しいものです。

 

その後、セキュリティの設定も無事できたのですが、意外だったのが暗号キーを自分で設定しなければならなかったこと。

8~63文字か16進数で64文字って…どうやって設定しろとw

どうせ覚えられる桁数を超えてるんだから、勝手に決定してくれてもいいんですけどね^^;

暗号化は、設定できる中ではもっとも高いセキュリティを誇る「AES」でやって、ANY接続も拒否。これだけやって、まだ悪さされるならあきらめもつくさ…と言ったところですw

 

一通りの設定が終わり、いよいよ初の家庭内LAN体験です^^

設定は、XPのガイダンスに従えば簡単にできました。後は、共有フォルダを指定して完了!

これでどこの部屋からでも今まで通りのPC Lifeが送れます。

休みの日には、寝室で寝っ転がりながら…という、夢のような環境を手に入れることができましたw

 

あれ…? 仕事のために買ったんじゃなかったっけ…ま、どうでもいっかw

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。