ピタゴラスイッチ

夕方に家に帰ったときはたいていNHKの教育番組がついていて、嫁さんが食事の支度をしている間、娘がそれを見ているのですが、その番組の中で毎回僕も楽しみな番組がいくつかあります。

その中でも「ピタゴラスイッチ」は特に楽しみにしていて、娘よりもむしろ僕の方が食い入るように見てしまってます^^;

「ピタゴラ装置」と呼ばれるビー玉なんかを使ってギミックを作っているコーナーがあって、それを見るたびに「すげぇ…」とか「ほぉ…」とか一人でつぶやいてしまいますw

昔、グーニーズって映画で、主人公の家に入るための仕掛けがあったんですけど、まさにそれ。ああいうの、詳しくはなんて言うんですかね?

とりあえず調べてみたのですが、これと言った呼称がわかりませんでした^^; なにやら「ルーブ・ゴールドバーグマシン」というのに近いらしいのですが…

 

で、そんなピタゴラ装置の面白ギミックがまとめて掲載されてるのを見つけましたのでご紹介しておきます^^

http://video.google.com/videoplay?docid=6176491654107670145

作っているのは、佐藤雅彦with慶應義塾大学佐藤雅彦研究室。もう、この人達は「天才」以外の何者でもないですよ。マジでw

 

その計算され尽くした動きは、絶対「一見の価値あり!」です。

しっかし、毎回どのくらいの失敗をしてるんだろうなぁ…まさか一回で成功なんてあり得ないとは思いますが…

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。