Visual Basicとかマクロとか…

PCを使ってやる仕事がどんどん複雑になっていってます^^;

今主に使っているのは、AccessとExcelだってのはしつこいくらい書いてるのでおわかりだと思いますが、もう少し詳細に書くと、Accessでやってるデータ集約とExcelでやっている分析が主な仕事です。

その中のAccessでの作業ってのがくせ者で、最初にそれを作った人が結構な達人なのでかなり構造が複雑なんです。

具体的に言うと…

AというデータベースファイルとBというデータベースファイルがリンク。(Bはデータのバックアップ専用といった感じです)

で、Aのファイルには10個近いExcelファイルがマクロでぶら下がっていて、さらにそのExcelファイルのいくつかは別のExcelファイルと繋がっています。

 

A(Accessファイル)-B(Accessファイル)
|
1(Excelファイル)~10(Excelファイル)
|
あ(Excelファイル)・・・

 

って感じで、これら全部で一つの作業が完結します。

この中のファイルを自分の使いやすい、もしくは必要なデータを得るために改良しながら使っているのですが、それぞれが密接に繋がっているため、どれかを改良すると、それに付随してどれかも変更しなければならないことが多々あります。

そうやって一つずつ解析しながら現在のシステムを組み上げていったのですが、それを他所の支店でも使いたいという依頼があり、いくつかの支店で僕が改良したやつを入れています。

それぞれ、最初は僕が直接構築していったのですが、ここで困ったことが起きました^^;

 

一旦改良し終わった後も、「こうやった方がもっと便利だよな…」と、いわゆるバージョンアップを日々繰り返しているのですが、それらを他所の支店まで広めるのがかなり難しいんです。

「これをこうやって、新しくしてますよ~」と、自分のやったことを説明して、各担当者がそれを理解して自分のところへ導入してくれればOKなんですけど、そもそもそれができる人のいる支店では僕を必要としていません…

つまり、僕が入ったところは、それを動かせる人はいるけども中味まではわからない…って所だってことなんです。

 

これは非常に困ったことです。僕の仕事は、別にそれ(システム構築)がメインではなく、あくまでもそれを動かしてデータ分析等をすること。自分の所以外の作業をする時間なんて本来存在しないんです^^;

PCごと持ってきてもらって変更箇所を入れ込む作業をしようにも、そもそも構造が極めて複雑なので、何か一つを新しくしようとするだけで作業もかなり繁雑になってしまいます。もしその中の一カ所でも変更し忘れたら全く動かない…なんてことになりかねません。

 

まあ、はっきり言ってしまえば、「面倒くせぇぇぇぇ!!!!!!」とw

なので、この更新作業をどうにか支店ごとにできないかと思ったのですが、これがなかなか難しい…

必ずと言っていいほどこっちの思惑以外の操作を絡めてしまい、壊してしまいます^^;

なので、ワードなんかで細かな要領書を書いてもの通りできるかは定かじゃありませんし、またその「細かな要領書」を作るのも面倒…

 

なんとかできないものか…と考えに考え抜いたあげく、とうとうある結論に達しました。

それは…アップデートの自動化

要するに、インストーラーなりなんなりを作ってやってパッチを当てる…みたいな事ができればいいんじゃないかと…

これを書いてる現時点で、そんな事が可能なのかどうなのかすらわかりませんけど、可能だとしてもとても今の技術力では実現不可能です。

そこで、一番手軽にそれを実現に導いてくれそうなVisualBasicをちょっと勉強してみようかと…

VisualBasicでどんな事までできるのかもよくわかってないので、これをやるのは見当違いな気がしないでもないですが、マクロみたいな使い方もできるし、勉強して損なことはないだろうと…w

それくらいの軽い気持ちで早速書店に…「ま、これくらいのもんが適当かな…」とテキトー(w)に2冊選んで買ってきました^^

一つは機能解説、そしてもう一つは逆引きでコマンドやその使い方なんかを調べることができるやつです。せっかくなんで、この連休中に少しだけでも覚えたいと思います。

 

でも、2冊合わせて1500ページくらいあるので、たぶん挫折しますw

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。