チャレンジ!

「この連休中にVisualBasicをちょっと勉強」としていましたが、これをやってるときにどうしても気になる事がありました。

それは、VisualBasicを使ったウェブ開発。

 

今やってるウェブサイトはHTMLで作っています。バナーにフラッシュを取り入れてみるなど、少しは別のこともやってたのですが、本体はやはりHTMLのみ。

容量も小さくて済みますし、ほぼ全ての環境からも見れますし、なんと言っても簡単な言語ですので手っ取り早いのですが、それだけにやはり表現には限界があります^^;

例えば、ブログや掲示板なんかを作るのはHTMLでは到底無理ですし、アクセスカウンターすらHTMLでは作ることができません。

そういった技術を自分でやるのにはかなりの勉強を要しますし、また開発ソフトを買うとなると出費もかさみます^^;

 

ところが、VisualBasicを使うと、上に書いたような事をできるらしいのです。

で、プログラム作成の練習をする傍ら、VBを使ったウェブサイトを作る方法も模索していました。

いろいろと調べた結果、結局普通に借りているプロバイダーのホームページ容量貸しのサービスでは、VBを使ったウェブサイトを公開するのは難しいという事がわかってしまいました^^;

サンプルのページの出来がすごく良かっただけに、公開できないのは残念でなりませんが、物理的に無理なものは無理…どうしようもありません…

↓サンプル。なんとなくブログっぽいでしょ^^

 

ところが…

 

調べていくうちに、ある方法を試してみたくなりました。それは、「自宅サーバ」。要するに、プロバイダに頼っているサーバ機能を自分でどうにかしちゃおうかって話です。

幸いなことに、我が家はFTTH環境。いわゆる光回線なので、速度の問題はクリアしています。あとは、サーバとなるものを用意すればどうにかなりそう^^

 

 

サーバ機を買わなければならない…??………金ね~しw

 

う~ん、困りました。今のPCをサーバとして使うなんてバカな話はありませんし、どうやら自宅サーバ計画はそれほど簡単でもないですね^^;

どうしようか…

 

サーバ機なんて、数世代送れたPCでも十分だろうってのはわかるのですが、それでもまともに買えば3万は下らないでしょう。

この先続けるかもわからないことに3万はちと痛すぎますw

 

いや…ヤフオクとか…

 

試しにちょっと覗いてみると、ありましたありました^^ サーバになりそうないい機種がゴロゴロ。

試しに入札してみたところなんとそのままゲットォォォ!なんと5千円でPCをゲットしました!^^

ものはPentium III の800MHz メモリも128MB。しかもWindows 2000です。HDDも20GBあるので、サーバとしてはかなりもったいないスペックであるのは間違いないでしょう^^

メモリは昔のPCのやつが余ってるはずですので、512MBまではいけるはず…っていうか、どこにあるんだっけ?メモリ…誰かに貸したままになってないか?いかんいかん、早く探さねば…^^;

 

それにしても、いくら旧世代だといってもOS買うより安いとは…^^;

モニタも17インチのCRTがついていたのですが、絶対使わないと思いますし、送料を少しでも抑えたいので「モニタ無しでお願いできませんか?」と厚かましいお願いをしたところ、快くOKしていただきました^^ 「その分値引いて!」とは言ってないので、マナー的にも問題ないはずですw

まあ、自分で後で売ってもいいんですけど、それも面倒ですし、処分するとなるとお金をかなり取られますからね^^; 最初からモニタはない方が僕もうれしいですし、相手もモニタだけ単品で別に捌けるのでお互いにとっていいかな…と。

 

かくして、サーバ専用機としてではありますが、3台目のPCを所有することになりましたw

サーバを立てるといろんな事ができますね~^^ 夢が広がります。とりあえずは独自ドメインを安く取得(1年で千円くらいであるらしいですね)して、ちょっとプロっぽくオーナー気分に浸ろうと思いますw

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。