誤審って…

いやぁ~、アルゼンチンすごい!!6-0って結果もすごいですが、内容も素晴らしい!これぞ世界のトップクラスって感じでした^^

 

それはそうと、珍しいですね…サッカーの審判の誤審をFIFAが認めましたね。

みなさんもうご存じだと思いますが、日本戦での出来事。1-1の場面での駒野に対するプレーに「PKが与えられるべきだった」ということですが…

いっや~、これは驚きました。まあ、驚いたと言ってもそれだけの話で、再試合になるわけでもないし、状況は何も変わらないんですけどね^^;

 

いつも「誤審だ」「誤審だ」と、ことあるごとにスポーツの日本代表戦では騒動になりますが、「審判は絶対」というスポーツの根幹が覆ることは当然ありませんでした。

しかし…こうやってあっさり認められても、それはそれで困惑しますねw 正直、どう反応したらいいのかわかりませんよ。

あの場面でPKを得ていれば、ほぼ間違いなく2-1。状況は一変します。…流れから言って「負け」はなくなったでしょうし、おそらく勝っていたのではないかと思います^^;

 

まあ、それを含めてサッカーって事だとジーコ監督だか川淵さんだかが言ってたようですし、その他のチャンスをことごとく逃していた日本ですので、それをものにできなかったのが悪いのかもしれません。

当の主審は、第4の審判へ格下げされたそうですし、もうそれ以上はどうしようもないですね。

 

せっかくのスポーツの大きな祭典ですので、今後はこういう事がないようにお願いします^^;

 

…というか、俊輔の1点目はどうだったんですかね?

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。