久々にゲームの話 XBOX360

最近、またゲームを買ってみました。

一つはもちろん、前にも話題にした「首都高バトル X」。

ゲーム画面は、まあ「並」って感じで、可もなく不可もなし。取り立てて言うほどの画質ではありません^^; 「プロジェクト・ゴッサムの後に出たゲームは、かわいそうだよな…」って事で、そんなに悲惨なわけではないのに、次世代は感じることができませんでしたw

ゲーム内容自体は、首都高を走ってる走りや達と片っ端からバトルして金を巻き上げていく(?)という、PTAがものすごく喜ぶスタイルを踏襲しています。 車を題材にしているのに、レースゲームと言うより格闘ゲームに近いです。

パッシングでバトルを始め、相手か自分の「やる気メーター」が0になれば終わりです。このメーターは、離されれば離されるほど減りが早くなります。この辺は実際の感覚に近いんじゃないですか? 「追いつけん…」って思ったらやる気なくなりますもんね~。 ってことなんで、思いの外早く決着が付いたり、ず~っとバトってなくちゃいけなかったり様々です。

ワンミスでドーンと離されちゃうと、あっという間に「負け」になりますので、緊張感あるバトルが楽しめます^^

残念なのは、登場車種の少なさ… 何種類か数えてませんけど、かなり少ないです^^; ホンダは一車種もありませんが、これはホンダのポリシーに関することなのでとやかくは言いません。

しかし、昔は軽やワゴンまで200車種(うろ覚えですが^^;)くらい登場させていた「首都高バトル」を見た僕としては、残念でなりません… エンジンルームの見た目を豪華にするより、車種を一つでも多く出してくれる方がうれしい人の方が多いと思いますが、いかがでしょう?

まあ、開発費の回収すら難しいと思われるXBOX360に出してもらったってことはうれしいんですけど、次回作があるなら、是非車種増でお願いします^^

あ、今回は夜、深夜、早朝って感じで、時間の変化とともにライバルや景色が変わるってのはいいですね。

特に早朝ってのは、ある程度明るいですので、首都高からの景色が良く見渡せます。これは360パワーがないとできなかったかな?^^

まだあまり進んでもいませんし、詳しくもできないレビューですが、ゲーム自体は相変わらず「熱い」ので、しっかり楽しめますよ~。

さて、もう一つのゲーム…

先日、ニコンに行くためにヨドバシに車を駐めた時、駐車場代を稼ぐために何かないか探してたら、在庫限りの処分特価ってことで目に付いた「ザ・コンビニ 200X」ですw

昔一世を風靡した、シム・シティとかと同じような感じのやつで、かなり昔からあるシリーズです。まったりやるタイプのゲームですね^^

XBOX360で発売されたってのがそもそも驚きなんですけど、久しぶりにこんなゲームもいいかな…ってことで買ってきました。

内容は、コンビニを経営するシミュレーションゲームです。しかし、コンビニを経営しつつ、町の発展に尽力しなければならない…という、途方もなく重い十字架も背負わされますw

画像は、ものすっごく荒く、汚いですww オープニングから「どうなの?」って思わざるを得ない画像で、ゲームを始めてからもその荒さを引きずっていますね~。旧XBOXのレベルにも達してませんが、元来画質が求められるゲーム性ではありませんので、まあこれでもいいんでしょうね。

さて、最初に選べるシナリオは2つ。画面上には3つ出ていますが、最後のやつは2つをクリアしないと遊べません。

ってことで、早速一番上のやつを始めてみました。

目的は、「5年以内に街の人口を2万5千人にする」です。この時点で、すでにコンビニの経営とは違う気もしますが…^^; 要は、コンビニで儲けた金を使っていろいろな施設を誘致し、街を発展に導くわけですね。

「ま、最初のシナリオだし、軽くクリアできるだろ…」と高をくくってたのが大間違い…約4千人から始まる人口は、いつまで経っても増えず、あっという間に5年経過^^; ゲームオーバーです…しかも、「ゲームオーバー」という、テキスト文字だけで終了を告げられてしまいました ・゚・(つД`)・゚・

その後、5~6回やり直してみたのですが、いっこうにクリアできず…画像とは裏腹に、ホントに鬼のようなゲームですw

果たしてクリアできるのか…

気晴らしに、XBOX Liveでランキングを見てみると…なんと、ランカーはたった26人!!!

これは…ゲームが売れてないのか難しいからなのか…おそらく両方でしょうね^^; 3月に発売されてるゲームなのに、たった26人しかプレイしてなかったり…なんてことはさすがに無いはずですが、かなり売れてないのは間違いないですねw

とりあえず、なんとしてもクリアしてランキングに名前を残してみせますよw

DSCN2996.jpg

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。