D80とD70s比較 高感度編

今日は、珍しく家に一人でいます^^

おチビちゃんにジャマされない絶好の機会ですので、カメラのテストをしてみました。

前回は自然光での発色の違いや、写り方を見てみましたので、今回はいよいよ高感度ノイズテストです。

僕の稚拙なテストでは何もわからないかもしれませんが、もう発売から一週間になりますし、すでにいろいろなところでテストがあってますので、詳細はそちらをご覧くださいw

 

今回は、レンズも同一のものを使用(タムロン SP AF 90mm F/2.8 Di Macro)しました。

仕上がり設定は、共に標準。ISO感度と絞り(F 5.6に統一しました)以外はカメラ側のチョイスに任せています。

RAWで撮影、Capture NXでJPEG変換。一切いじらずに「撮って出し」です。その後、画像編集ソフトにおいてサイズ変換しています。

 

まずは、ホワイトバランスの違いから。

white.jpg

前回は自然光の中、あまり違いは見られませんでしたが、蛍光灯下ではこのとおり。かなり違いが出ますね。

背景のグレーを見てもわかりますが、時計自体もソーラーパネルに蛍光灯の光が少し反射するくらいの置き方ですので、見た目に近いのは、完全にD80ですね。

ちなみに、D70sも調整すれば、

D70sWB.jpg

D70s ISO200 NXでホワイトバランスのみ調整

このようになります。これでグッと見た目に近くなりました。後は露出の違いでしょうね。やはりD70sの方がアンダー目に写るようです。

 

それでは、次に高感度テスト。今度は等倍のまま切り出しています。なお、D70sとD80では画像サイズが違うため、D80をD70sの大きさになるように73%程度に縮小しています。それでは、ずら~っと並べてみます。

iso200.jpg

iso400.jpg

iso800.jpg

iso1600.jpg

どうでしょうか… いろんなサイトを見て、わかってはいましたが、やはり高感度ノイズはD80の方が圧倒的に少ないですね^^

パッと見て、D80のISO1600は、D70sのISO400~800の間ってとこかな?800に近いかな?どちらにしてもかなり使えそうな高感度ISO。こればかりは、ホワイトバランスとは違い、後で補正していくのも大変ですので、「D80、買った甲斐あり!」ってとこですね^^

ちなみに、D80はISO3200まで設定できますが、高感度NRのおかげでD70sのISO1600よりはカラーノイズがかなり少ないものの、細部までキレイかと言うとそうでもなく、あくまで「緊急用」としてしか使えないと思いました。

 

あと、長秒撮影を試してみようと思って撮影したのですが、先にD80をやってしまい、D70sに存在しないISO100を使ってしまいましたので、純粋に比較できなくなってしまいました^^;

せめてF値だけでも揃えようかと思い、D80をISO100の10秒、D70sをISO200で5秒ってことで撮影しましたが、カメラが選択したF値は、それぞれ13と14で揃わず…orz まあ、せっかく撮ったので、参考程度に載せておきますw

shutter.jpg

どちらもいい写りですね^^ 若干D70sがざらついてる気がしますが、許容範囲でしょう。

 

このテストをしてあらためてわかったことは、カメラに任せようとすると、ちまたで言われてるとおり、D80はどんどん明るくする方向で設定してくるってことですね。レタッチを前提とする画像ってよりも、撮って出しの見た目を重視した設定なのでしょう。 これも、いろんなところで言われてるとおりだと感じました。

僕は、面倒くさがりなのでD80の味付けの方が好きですね^^

 

今回の画像は、原寸大のまま

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?un=95176&key=548160&m=0

↑ここに置いておきます。ご自由にご覧ください^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。