XBOX360の飛躍となるか!

XBOX360専用のHD DVDプレーヤーが11月22日に発売されるというアナウンスがありました。

価格は20,790円。メディアリモコンという拡張リモコンのセットでの発売です。

Blue layかHD DVDか…次世代メディアの主導権がどちらになるのかという大事な時期。Sonyの提唱するBlue layは、PS3に搭載されます。過去にPS2でDVDの普及を一気に進めたという、その牽引力が残っているかが注目されていますね。

一方、マイクロソフト陣営が支持するのは東芝が主となって推し進めるHD DVD。発売当初はXBOX360への搭載は見送られましたが、PS3がBlue layを搭載することを発表したことへ敏感に反応し、「外付け」という形でプレーヤーを出してきました。

 

今回の発表の目玉ってのは、やはりその価格設定の低さでしょう。

同時期に発売となるコアシステム(標準パッケージからHDDを抜いたもの)は、29,800円と、かなりお買い得価格。このコアシステムには、「PGR3」と「NNN」が付属するそうで、実質的にNintendoの次世代機Wiiの価格(25,000円)をも下回ることになります。

そして、HD DVDプレーヤーが20,790円。初期投資からでも5万円でHD DVD環境とソフト2本ですからね。

12/7には、あの坂口博信さんと鳥山明さんがタッグを組んだ、噂のブルードラゴンのパックも同価格で発売されるそうですし、結構いい感じじゃないですか?^^

既存ユーザーは、わずか2万円の追加で次世代メディア環境ですよ! こりゃたまらんw

 

対抗のPS3はHDMI端子無しのやつが62,800円~でしたっけ?結局この値段を出しても映画見れない(規格上HDMI端子からの出力しかできないはず…)んですからね…どうなんです?これ。

 

上にちょっと書きましたが、大注目のブルードラゴンの発売も年内に控えてますし、これがXBOX360の起爆剤となればいいですね^^

 

ちなみに、僕はXBOX360とは関係なくHD DVDに勝って欲しいと思っています。Blue layは完全に業界寄りという感じで、ユーザーには何の自由もなさそうだから。アナログコピーすら排除の方向ってのは、あまりにも舐めてますね゛(`ヘ´#)

その他の理由なんかは、以下のマイクロソフトの見解を参考に↓

  • HD DVDでは、ユーザーが映画を自分のハードディスクへコピーできるようにすることが求められており、ホームネットワーク内で映画をやりとりすることがそれだけ容易になる。
  • HD DVDでは、ディスクの裏面に現行のDVDデータを盛り込むことができるため、すでに現在DVDプレイヤーを所有しており、かつ保有するDVDライブラリーが将来使えなくなってしまうのではないかと懸念する消費者に対して、ハイブリッドディスクを販売することが可能になる。
  • HD DVDのほうが記憶できるデータ量が多い。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。