琢磨失格なのか…

昨日のF1、琢磨の大活躍が大変うれしかったのですが、夜には「失格…」という大変残念なニュースが^^;

失格の理由が昨日の段階では正確に把握できてなかったのですが、どうやら「青旗無視」だそうですね。

ブルーフラッグは、後ろに速い車が接近してるので抜かせなさい、というサインなので、振られたら道を譲って速やかに譲らないといけないのですが、どうやらそこが違反だったと…

で、開幕戦で一度同じ理由で警告を受けていたので、今回は「失格」という重い処分が下されたということですが…

結局、問題となった場面ってどこだったんですかね?

最終周のニック・ハイドフェルドとの絡みが一番っぽいんですけど、あの時テレビでは青旗確認できませんでした。

ちなみに、琢磨は一度ニックに譲ったのですが、その後追いついてしまい、ニックがミスをしたのでまた抜いちゃったんですよね。で、レースペースはそれほど変わらなかったので(というか、琢磨の方が速かった気もします)、そのまま走行していたのだと思っていました。断片的にその辺りのシーンは映ってましたから、あながち間違いじゃないと思いますし、ラップタイムを見ていても、琢磨は結構速かったですもんね。

ゴール手前の直線、その辺の集団で事故が発生してしまい、琢磨が責任を負わされる形になったようですが…残念です^^;

チェッカーを受けた琢磨はホントに満足そうで、両手をあげて激しくガッツポーズ。表彰台にでも上がったかのような喜びようでした。僕も喜びました^^ …それが、レース後の裁定であっさり…

 

まあ、テレビ観戦ってのは所詮レースの一部しか映していませんし、変に憶測で物を言わない方がいいかな…とも思ったんですけど、琢磨が自身のHPの掲示板で「青旗は一回も見ていない!」とハッキリ書いてるのを見つけましたので、やっぱりあの時青旗は振られてなかったのでしょう。

4位を走っていたニックが、結局その事故で順位を落とした事を考えると、誰かが責任取らされるってのもわからないでもないですが、ちょっとSAF1には厳しすぎる裁定だったと思います。

ポイントに絡んだりしてない琢磨が失格になったってのは、みんなにとって一番無難な決定だったってことなのかな?

もし、そんな理由だったとしたらなんだか寂しいです。

 

しかし、次戦鈴鹿での出走はOKということですから、ここは一つ気を取り直して!^^

過ぎたことはしょうがないですし、きっと判定も覆らないでしょうからね…^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。