F1 GP 2006終了~

ブラジルGPが終了し、F1の2006年シーズンも終わりました。

マッサが地元のグランプリで優勝。アロンソは2位に入り、シリーズチャンピオンを獲得。3位には、今年、自身とチームの初優勝を飾ったバトンが入り、表彰台はみんないい笑顔でしたね^^

シューマッハは、残念ながら4位という結果に終わり引退となりましたが、一時はパンクで最後方となりながら怒濤の追い上げ。ファステストラップは文句なしでシューマッハでした。最後の最後まで魅せてくれましたね。

 

しかし、なんと言っても僕にとって今日の主役は佐藤琢磨!

堂々の10位完走です!ラップも上位陣と肩を並べていましたし、19位スタートから常に前を走る車との差を詰めていく素晴らしい走りでした^^

開幕ではトップから一周6秒近くも離されていたSAF1が、今日は2~3周くらいですが、同一周回の全てのマシンの中で一番速いタイムを出していましたし、トップを走るマッサに周回遅れにこそされちゃいましたが、その後も最後までそのマッサに食らいつき、ずっと同じペースで走っていました。マッサのゴールと同時に琢磨もチェッカーだったのはビックリしましたよ^^

ファステストラップも、トップのシューマッハと1秒違いくらいだったんじゃないかな? とにかく、2004年のアメリカGP表彰台と同じくらい、いやそれ以上興奮してしまいましたw いや、本当にそれくらい価値のある10位です。

シーズンを振り返ってみると、SAF1の飛躍は凄かったですね~。4年落ちのマシンで「形だけ参戦」ってな状態からですから。ここから先が難しいのがF1なんですが、是非来年もこの勢いのまま頑張ってもらいたいものです^^

 

ってな事で、今年は全戦見ることができました^^

そして、おそらく全戦見ることができるのも今年が最後…今年は比較的自由に休みを取れたので、地球の裏側のグランプリもテレビ観戦できましたが、さすがにこういうことはもう無いでしょうからね^^;

 

これでF1は世代交代ですね。現役最速ドライバーとなったアロンソは、来年マクラーレンのシートに座ります。これから先、ドライバーやチームはどういう勢力図となるのか、来年も楽しみですね^^

 

SAF1佐藤琢磨、来年の目標はポイントゲットだぁぁ!!

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。