そういう時代なのかな?

いいとか悪いとか、どっちかを決めつけることはできないとは思いますが、最近「僕の時代には考えられない…」って出来事が。

 

現在仕事してる部屋ってのは、アルバイトの募集の申し込みだとかそんな事も行われてる部屋なので、今までは目にすることのない、「うちで働く前の人」を毎日のように見ています。

アルバイトなんだからいいだろって言えばそうなのかもしれませんが、「ここで働こう」って人が帽子をかぶったまま部屋に入ってきたりして、ちょっとビックリする事もしばしば… 見るからに「うわぁ…」って感じですが、うちの担当者は慣れたもんで、「今はこんなもんよ~」と笑っています。

そこまでかしこまらなくてもいいとは思うのですが、部屋の中では帽子を脱ぐってのは、申し込みや面接じゃないにしろ常識だと思ってる僕としては、違和感を覚えますね^^;

僕が担当者なら「果たして、そこ(最低限の礼儀)に気が回らない子を雇って、マジメに仕事をやってくれるのだろうか…」と、心配でならないと思いますw

 

僕は面接官ではありませんので、誰かに「あいつはちょっと…」なんて間違っても言いませんが、それでもできそうな子とダメっぽい子ってのは結構頭の中で振り分けちゃっていますねw

できそうな子と一緒に仕事をしたいんですけど、果たして思い通りに回ってくるかな~。

 

で、珍しいことなのか普通のことなのかわかりませんが、カップルで申し込みに来てる子も。 まあ、一緒のところで働きたいって気持ちはわからないわけではないので、これはちょっと微笑ましいんですけどね^^

それと…もっともビックリしたのは「保護者同伴」。しかも一組ではないことです^^; 電話での問い合わせも親が掛けてくることは珍しくありません。

今日のお子さんは男の子。少なくとも高校生以上なんですが、その歳で親の付き添いありってのは… これも「時代」ですか?

アルバイトは、自分で決めて自分の意志で来るもんだと思っていますが、そうではないのかな? 部屋に入ってきても一言も息子さんは喋らず、親が担当者と話してる場面を見ると… 「ひょっとして、働きだしてからも親同伴なのか…?」と勘ぐってしまいます。 ドラマでは見たような光景ですが、これはちょっと度肝を抜かれますね。 中学校以来、親と行動を共にするのが限りなくイヤだった僕から見れば、開いた口が塞がらない^^;

これは礼儀だとかなんだとかを超越した何かを感じずにはいられませんw でも、一つ確かなことは、「息子さん…ものすごく頼りなく見えるのですが…」って事ですね。

 

今までは、雇われた後にしか目にすることがなかったアルバイトの子達ですが、この申し込み時点で結構いろんな事がわかっちゃうというか、想像できちゃうのは面白いですね。

こうやって見てると、よく言われる「第一印象が全て」ってのがよ~くわかります。 アルバイトをしようって思ってるみなさん、たかが「バイトの面接」って思わずに、少しは自分を良く見せる努力をした方がいいですよ^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。