いきなりTips(ハメコミ画像編)

いや~、年賀状の季節ですね~。

僕は毎年取りかかりが遅く、いつもギリギリになってしまうので「今年こそは!」と、今日の休みを使って作成しました^^

まだ思ってるところの5割ってとこですが、きっと時間がなくてこのまま出すだろうと思います^^;

最近全然芸が無くてスミマセン…

 

で、昔よくやってた事で、「ハメコミ画像」ってのがあるんですけど、「どうやると?」と質問を受けることが多かったのを覚えています。ちょうどこの時期ですし(…って遅いですが)、ちょっと僕のやり方を書いてみたいと思います。

 

聞いてこられる方は、みんな一様に「難しいっちゃろ?」と言われますが、コツさえわかれば僕のやってる事ってのは簡単ですのでご安心を^^

 

その1

まずは画像の準備です。合成写真で一番難しいのは光源を合わせることだと思います。その辺を考え出すととても難しいので、本能的に光源が別とわかっているので誰もが違和感を感じない「テレビ画面」や「フォトフレームの中の写真」なんかを選ぶのがいいかと思います。なお、できればテレビは消えた状態、フォトフレームは写真が入ってない状態の方が格段に作業はしやすいです。

今回は、

TEST02.jpg

昔年賀状で使ったやつで申し訳ないのですが、「ロボットのカメラが捉えた映像」のテレビ画面に

TEST02-01.jpg

僕のKLXを映してみたいと思います。

 

その2

テレビなんかの場合は、合成する場所をまず画像処理ソフトを使ってくり抜きます。

TEST02-02.jpg

KLXの写真を下に置いておけばはみ出す部分があっても見えません。つまり、重ねる画像の形に気を遣わなくて済みます^^ もちろん、直接KLXの画像を上に乗せてもいいですよ。

 

その3

おもむろに画像を重ねて、大きさを調整します。重ねるときはKLXの画像が下になるようにします。これで、隙間無くきっちり画像を埋め込むことが簡単にできました^^

TEST02-03.jpg

と、ここまでやれば、すでに電気屋さんの広告「※画像はハメコミ合成です」のレベルに達していると思いますw

ですが、このままだと「あ、はめ込んでる!」とあまりにもバレバレなので、もう少し工夫をしてやることにしましょう^^

 

その4

まず、見えてるテレビはキレイな四角ではありませんので、重ねる写真も同じようにゆがませます。KLXの左ハンドル奥に見える門柱の角度が変わってるのがわかりやすいかな?この作業は、違和感を少しでも少なくするためです^^ 今回はほぼ正面からですのでそれほど変化させてませんが、45度付近からの写真に合わせる時は結構変化させてあげなければ不自然になっちゃいます。

で、ここにくり抜きをする前の元画像(テレビの画像)を上から重ねます。

その後、一番上に重ねた元画像(テレビの画像)の透明度を上げてゆき、KLXの画像が透けて見えるようにしていきます。

TEST02-04.jpg

今回は、67%にしましたが、これはその時の感覚で上下させ、一番自然に見える場所を探せばOKです^^

こうやって上から元画像を重ねると、素材の段階ではあった、部屋の映り込みを再現しつつバイクの写真も見せることができます。これで、2つの画像を一体化させることができました^^

ロボットのカメラのステータスなんかもほぼそのまま再現できてるでしょ?

 

これで完成^^ ね?簡単でしょ?今回は間に合わせでやったんで、KLXの写真の明るさがちょっと不自然な感じですが、その辺も明るさの調整で簡単になじませることができますよ。

 

このハメコミ合成ってのは、普段意識しない中で結構使われてる技術で、例えば、鏡などの反射物を正面から写してる写真や映像ってのは普段から良く見ますけど、鏡にカメラが写ってないのは本来変ですよね?ああいう時はこういった合成がされてると見て間違いないでしょう。角度を変えてうまく映り込まないようにするのも昔からあるテクニックですが、こうやって後から加工するってのも昔から良く使われていました。 小学校の頃読んだクイズの本で知ったんですけどねw

 

って事で、意外に使い勝手のいいテクニックですので、一度お試しください^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。