第六感

なんとな~く、「これは…」みたいな強い予感がすることってありませんか?

 

学術的には認められていない、この第六感。人間の五感を超えた知覚…

 

先日、いつものナンバーズを買おうと思ってたのですが、どうしても仕事が18時までに終わりそうになく、買うことはできそうにありませんでした。

普通の日なら、「まあ、今日はしょうがないな…」とあきらめるのですが、その日は何故か時が経つにつれ「買わなきゃいけないんじゃないか…」と強烈に感じていきました。

どうしても買わなければならない!

…普通なら絶対そんな事は頼めっこないのですが、嫁さんに電話して「頼む!ちょっと買ってきて!」と。

当然ながら嫌がる嫁さん… ですが、その日は僕も引き下がれません。

やっとの事で買いに行ってもらうことができました。

 

…普通なら期待していない発表の時間ですが、この日ばかりは違います。

ドキドキしながら宝くじのホームページを閲覧です。

 

「あ…当たってるぅぅぅ!!!」

 

これは第六感の存在を信じずにはいられません。思えば、前回当たったときも、買った瞬間に「あ、今日当たりそう…」となんとなく思っていました。(←ホントカヨ)

 

嫁さんに「ちょっと券ちょうだい!!」とまくし立て、番号の確認!

 

 

 

 

…あれ?無い…???

 

そう、この日の当たりは、僕が買ってるときに選ぶ番号。嫁さんに持たせてるやつとは一組だけ数字が違うんです。

もうおわかりですね。当たったのは、その一組。つまり、僕が買ってないのでその番号は無いって事…orz

 

第六感以前に、強烈に運がないことを忘れてました^^;

無駄に興奮した分疲れも倍増。こんなんだったら「予感」なんてなくていいのにw

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。