舐めとるな…

正月早々、またトラブルです^^;

雨も降ってないのに、何故か濡れてる我が家の駐車場。最初はそれほど気にとめてなかったのですが、ここ2~3日で水たまりのようになってしまい、ただならぬ事態を想像させてくれました。

駐車場の横には、井戸のポンプ… そう、3年半前に交換したばかりのポンプがぁぁ…

 

交換したのはクラシアン。「暮らし安心…」でおなじみの所です。 わかりやすい料金体系なのはいいのですが、かなり高額な料金を請求されますので、自分ではまず選ばない会社ですね^^;

その時は大家さんがお金を払うって事と、井戸が壊れたままってのが生活にかなり支障をきたすため、電話一本で見に来てくれたクラシアンにそのまま頼んだのですが、請求書を見るとポンプ代の倍くらいの請求でしたので、「やはり高いんだなぁ…」と思ったものです。 当然その請求書は大家さんちに直行だったんですけどねw

 

で、その交換したばかりのポンプから水が漏れてるではありませんか!

どこから漏れてるのかよ~く見てみると、配管の継ぎ手部分。塩化ビニールパイプからでした。ちょっとヒビが入っています。

「良かった…本体じゃなくて…」

 

しかし、漏れてることは事実。これを補修しないことには水漏れは止まりません。無駄に水圧が下がるのでポンプがひっきりなしに動いてしまい、電気代もバカにならないですしね。

 

クラシアンは高いからな…と別の業者を探そうとしましたが、「いや、そもそも工事を担当したクラシアンの施工不良なんじゃないの? 一年保証って言っても塩ビが3年でひび割れてちゃ話にならんだろ…」と思い直し、「どうにかしてくれ」と電話。

相変わらず来るのは早く、この点に関しては確かに「安心」です^^

で、ひととおり状況を説明したところ、「あ、これはうちは触ってないですね」と!

「え?そうなの?」と聞き返すと、「だってパイプの色が違います。見て分かる。」と得意げに答えるではありませんか。

「は…?」と、まさかそんな答えが返ってくるとは思ってなかった僕はあっけにとられてしまいましたが、「ふ~ん、そうなんだ…」とその場では何故か納得。

「うちで工事させて頂きましたので多少値引きはできますが、見積もりは出させて頂きます」と「有償」宣言を受けてしまいました^^;

 

ま、いいや…値引いてくれるなら…

で、見積もり。

「井戸給水管工事基本料金 25000円」「VP-30×25 5000円」「値引き△7000円」に消費税って事で24150円と。

…値引いてはくれてますが、高すぎw

 

出張してくれるんだから、出張料1万円くらいはわかります(それでも高い)。しかし、塩ビの継ぎ手なんてホームセンターで200円もしないじゃないの… 工賃も含んだとしても1万5千円以上はあり得ない!

「ちょ…ちょっと考えさせて…」ととりあえず追い返し、急いで別の業者を探すことに。

 

で、なんやらかんやら調べてるうちに…

うちのポンプには、付属品としてジェットがついています。水が漏れてるのは、このジェットと本体を繋ぐ吸込管。つまり、本体を設置する際に必ず扱うべきパイプなのです。 それを「扱ってない(古いポンプのままジェットの交換をしてない)」ってんなら、明らかに手抜きw

そうじゃないにしても、継ぎ手部分には新しいパイプを差し込んだわけですから、「扱ってない」って事はありません。

……………舐めとるw

 

クラシアンが、素人相手にこんな阿漕な商売をしていたとは…少しは想像していましたが、俺がまさかカモにされようとしてるとは…

有償ってのはいいんです。なんだかんだで3年以上経ってますしね。ただ、その「だまし」みたいな言い訳が気に入らない。ま、そもそも金がかかるなら地元の業者さんに頼もうと思ってはいたんで問題はないんですけどね^^;

 

消費者センター逝きも辞さない程怒りが湧きましたが、それも大変な労力を伴いますので、とりあえず、明日地元の指定業者に片っ端から電話することにします。こうなったら同じ金額でも高くても構いません。

そして、二度と500500は使いません ゛(`ヘ´#)

 

あ、でも電話の応対や接客態度は普通に「いい感じ」ですよ。なんと言っても24時間対応ってのは心強いですし^^

その辺を「サービス料」として受け入れられる方にはいい企業かもしれませんね。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。