sho1のPCに動き

米の複数のメディアは7日、複数の要人の話として、sho1がPCの買い換えに必要なHDDバックアップ作業を完了させたとみられ、懸念を強めていると報じた。

昨日頃からの活発なHDDの動きを偵察衛星が探知したという。ただし、この作業がPCを買い換えるためのものなのか、定期的なものなのかの判断は分かれている。

昨年末、taka7からのマザーボード輸入が発覚したことで警戒を強めていただけに、今回のバックアップ作業をいち早く察知した事は一つの大きな成果であるとも言える。しかし、前回の輸入がマザーボードだけにとどまっていた事もあり、当局の危機感は薄かったと言わざるを得ず、今後当局の対応の在り方について非難が起こることも予想される。

 

メディアによると、一人の要人は「私にとっては驚きだ」と述べ、PCの買い換えが近いとは限らないとの見方を示した。別の要人は、「今後2~3日中にsho1が新たなPCを作成する可能性がある」と予想した。

一方、情報機関は、今回の報道を否定した。PC買い換えの準備が進められている兆候があることについても「バックアップは誰しもが定期的に行うもの。sho1のもとにあるP5B(マザーボード)は未だ袋の中から出されておらず、経済的にも他の新たなパーツを購入する余裕はないはずだ」と否定した。

 

しかし、新たなパーツの購入資金については、先日夜遅くにsho1宅から「BOSE Companion3」と見られる箱が運び出されるのを目撃したとの証言もあり、この取り引きで新たな資金を得た可能性がある。さらに、弊社独自の取材では、sho1の持つ株式が数日で40%以上の値上がりをしたということが明らかになっている。識者の話では「今回のPC買い換えでは、追加購入がCPUだけでも十分機能するはず」とされており、先日までの取り引きで得たとされる資金を投入すれば「(購入資金は)お釣りが来るほど(潤沢)ではないか<前述:識者>」との見方もあり、予断を許さない。

 

ニッポン政府はこの件に対し、「昨年ぐらいからあった話だと思うが、具体的にさらに大きな進展があったという話は聞いていない。切迫した状況ではない」と述べ、買い換えは無いとの認識を示した。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。