あ…間違った…

なんとなくネット徘徊をしていたら、SDメモリーカード 4GB(150倍速)が8千円弱って情報を見つけ、早速そのお店へ。

従来のSD規格では4GBの容量は認めておらず、SDHCという新しい規格でのサポートとなるのですが、その規格が整備される前にメーカー独自でSD仕様のまま発売に踏み切ったところがいくつかあります。 当然の事ながらそれが自分の持つ環境で動くかどうかは保証外で、たとえ動かなくても文句は言えません^^;

最近ではようやくSDHCのものも市場に増えてきたのですが、SDHC規格ではクラスごとに速度が決められており、4GBで現在出回ってるものはクラス2か4がほとんど。クラス2だとかなり安い(4千円未満とか)んですけど、転送速度は2MB/s。最低でもクラス6(同6MB/s)は欲しいところですが、まだ十分に出回ってるとは言えません。

対する、上記従来規格の拡張版であれば22MB/sです。一応検索してみたところ、僕のデジカメ(Nikon D80)での動作報告もありましたので、特にSDHCにこだわることはありません。 PCへの転送も考えると速いに超したことはないんですよね~。

なので、動くのであればSDHCクラス6で1万円払うより、SD 4GBで8千円払う方がお得ってことになります。

もちろん、独自規格として売っているSD 4GB版は、いずれ市場から姿を消すことになるでしょう。クラス分けされたSDHCでこの速度ってのはちょっと無理そうですし、今買わなければ二度とお目にかかれないかもしれません。

 

…ってことでしばし熟考。

 

ところが、思いもよらぬ事態に遭遇しました。

あれこれ考えてるうちに、そのサイトのPCメモリのコーナーを何気なく開いたのですが、そこにDDR2 PC2-6400の1GBが12,000円程度で売られていたのです。

まあ、値段だけを見ると微妙なのですが、メーカーはTransend。「永久保証」で有名ですかね? 僕の持っている2GBのSDメモリーカード2枚もトランセンド社製ですが、使っていて不満を感じたこともありませんし、あまり変な噂もありませんのでそれなりに定評のあるメーカーだと思っています。

今まで徹底してノーブランドのバルクメモリを買ってきた僕ではありますが、この値段で買えるのであれば「メーカー製」のチョイスもありなんじゃないかと…

いつの間にかSDカードの事なんか忘れてしまい、「残り3枚」の表示が変わる前に…って事で急いで購入。もちろん2枚(=2GB)です。

途中で表示価格が税抜きだったってことに気づき、送料を含めると一枚13千円ほどになりましたが、もう抑えが効きませんでした^^; 後は届くのを待つのみ、です。

 

いや~、いい買い物だった^^

今のシステムならPC2-5300(667MHz)で十分だってのはわかってるのですが、OCももう少し試してみたいので「買うなら6400(800MHz)」と最初から決めていましたし、今回の「偶然に発見」ってのは運命としか思えません。

 

まさに大満足^^ …となるはずだったのですが…

 

 

後で調べてみると、トランセンドとして売られているメモリは大きく分けると2種類あり、一つは「トランセンド」ブランド。そしてもう一つは「JetRam」というセカンドブランド。悪く言えばJetRamの方は廉価版… で、慌てて自分の注文メールを確認するとトランセンドの後ろに(JM)の表記が… このJMってのはJetRamの型番で使われているんで、間違いなく僕が買ったのはJetRamの方w

「これは…トランセンドであってトランセンドじゃ無いってことじゃないか!」

なんだか少しだまされた気分です^^;

が、決して高い買い物って事ではなく、税込み13千円の値段は「順当」なので損はしてないんですよね。いや、実際2万円くらいするお店もありますので、この金額でも十分安いんですよ。調べた限りでは最安。 僕がただ浮かれすぎてただけで…w

永久保証には変わりないし、多少品質が落ちたとしても今までのノーブランドでの博打よりもずっとマシですしね^^

いずれにせよ、FMV SII165の時にメモリを増設したとき以来となる「箱入り」メモリ。 楽しみに待つことにします^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。