大判プリンタ

とうとううちの会社にも大判プリンタとやらが配備されました。

A3のプリンタを4枚つなぎ合わせたりするという、ものすごく手間がかかる荒技や、小さいままで印刷して、小さすぎて見えない分は数を増やすことで対応していた周知物たち。「今時こんなことちまちまできるか!時間もないのに…」って事で、去年からず~っっっっっっっとお願いしてたんですが、ようやく…・゚・(つД`)・゚・

 

午前中に到着したプリンタ一式。さすがにデカイw 箱を見ると冷蔵庫くらいはあるでしょうか…軽く畳一畳分はある段ボールです。

来たのは、エプソンのPX-7500。A1まで印刷できるプリンタです。届いた段ボールは全部で6個でした。運送業者の人が運んできて、「どうも~」と、そのまま帰りました…

「え?設置は?」と聞くと、「そこを削って安くしてもらったんだから~」と…

「じゃ、頼むね^^」

「はぁ…w」

普通のプリンタとは違い、土台から組み立てです。一つ一つのパーツが恐ろしくでかいので、段ボールから出すのも一苦労^^; 組み立て作業自体は簡単なのですが、想像以上に体力を消耗します。 やっとの事で土台部分が完成し、ようやく本体の入っている畳一畳の大きさの段ボールへ…

「うぉ… でけぇぇ!」

外の箱である程度想像はできていましたが、実物は迫力が違います。重さなんと約50キロ…^^; 手も回せないほどの大きさですので、男二人でようやく抱え上げられる感じですね。

やっとの思いで本体を土台に乗せ、「ふぅ…」と一息ついたときには一時間が経過していましたw

で、インクのセットです。 このプリンタは8色独立なので、当然インクは8本。その一つ一つがビデオテープ並の大きさなのを見て爆笑。 ま、これだけでっかいプリンタとなりゃ、そ~だよな…

さて、ここでまた普通のプリンタには無い注意書きが。

よく振ってセットしてください

「は?缶コーヒーかよ…w」

おとなしく注意書きに従ってビデオテープを振りましたが、なんだか変な感じです…

その後、

最初にインクの充填を行います。10分ほどかかりますが、その場を絶対に離れないでください

という注意書きを見つけ ( ゚д゚)ポカーン  。

やはり、普通のプリンタとはだいぶ違うようです。小さな液晶モニタに何回か指示されながらレバーを上げ下げしたりする作業がありました。

 

インクの充填が終わり、試し印刷。結構ドキドキしましたが、これはふつ~に英語の文字がたくさん出てきて無事終了^^

パソコンへのドライバのインストールはさすがに普通のプリンタの時と大差ありません。速攻で終了しました。

家庭用と違うとこと言えば、AdobeのICCプロファイルなんかが入ってきたことかな? この辺はさすが業務用ですね。カラーマッチングなんかがきちんとできるように調整してあるみたいです^^

 

ここまでの作業で設置完了~ なのですが、価格.comを見てたら、この設置費用って5万円くらいするんですね… 僕ともう一人が2時間作業したって考えても、時給換算で当然1万円にも満たないので、やはり自分で設置する方が全然安いですね。

 

さて、一度テストでステータス印刷をしたとはいえ、やはり何かちゃんとしたものを印刷してみたいところです。 以前A3用紙4枚を貼り合わせて作っていたマグネットを貼りつけるボードの台紙。「貼り合わせの部分が厚すぎて磁石が付かん!」と言われていたので、テストをかねてそれをA1サイズで印刷をしてみました。

 

「す、すげぇぇぇ!」

文字がとにかくキレイ^^ 大きなプリンタだからといって大味ではなく、ものすごく精密に描写していきます。しかも意外と速い! 画像部分は元の解像度があまり高くないのでドットが見えちゃってますが、文字はホントにきれいです。 さすがエプソン!

この成果を見て、今までのやつをすべて印刷し直したい衝動に駆られましたが、インクが一本8千円もするってのを聞いて即断念w インク全部で6万越えるとは… 買ったはいいものの、やはり簡単に使うことは難しいですね^^; 印刷失敗しようものなら始末書か?w

 

と、大人げなくはしゃいでしまった一日でしたが、めったにお目にかかれるものじゃないので、いい経験でしたね^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。