ネットのビジネスモデル

今、Yahooのニュースを見てたら、「身売りユーチューブ、2創業者にグーグル株815億円」との記事をみつけました。

Googleに身売りしたのは知ってましたが、さすがに桁が違いますね~^^;

この2人の創業者は、それぞれ29歳、28歳ということで当然僕より年下。この歳で約400億円を手にするってどんな気分なんだろうなぁ…

夢のまた夢よりさらに遠く感じる、ロト6での最高当選金額4億円の100倍。一生僕には関係ないのは明白なのですが、それにしてもうらやましい限りです。1/100とは言いませんので、1/1000、いや1/10000でも僕に恵んでくださいよ^^;

 

この10年程度でものすごく飛躍したネット産業は、アイデア次第で億万長者がポンポン誕生しています。企業もそうですが、ほぼ「個人」と言ってもいいレベルで始めた事業が大成功を収めてる例も多々あります。日本でも「2ch」の西村博之氏などは有名ですよね。彼の年収も「日本の人口より少し多いくらい」(本人談)だそうで…

こういう話を目にするたびに、「すごいなぁ…俺がやっておけば…でも、もう発展し尽くしちゃってるよなぁ」などと思うのですが、全然そんなことはなく新しいアイデアはどんどん生まれていってます。 You Tubeもそうですよね。2005年くらいにいきなり脚光を浴びて、あっという間に広がりました。 要するに「目の付け所」なんですよね。難しい技術はそれほど必要でないし誰でも思いつきそうなことなのに「誰もやってなかった」。 そこに僕みたいな凡人は気づけないのです。

これら「ネットのアイデア賞億万長者」に共通するのは、基本的に無料でユーザーが利用できるって事かな?

お金をユーザーからもらうと手っ取り早い収入にはなるでしょうけど、「爆発的な普及」の足かせになることも事実。 とにかく無料で広がらせ、あとは広告収入などで賄うってのがビジネスモデルになっている気がします。 当初からそこまで考えてやってるとしたらすごいですけど、おそらく最初は「サーバの運営費+αくらいの収入」を目指してたんではないのかな?違いますかね?

 

そういった意味では、今回の買収元である「Google」も当てはまりますね。 これも普及はものすごく早かったですね。言わずと知れた「検索サイトの最大手」ですけど、それまではYahooやGooの検索が主でした。 独自の検索エンジンとキャッシュ技術で勢力図を一気に塗り替え、今じゃYahooなどに技術提供するほどに。 精度の高い検索結果が得られたり、Google Mapと言った新しい試みなどなど。これらを使用するときもユーザーレベルでは全部無料なんですよね。 やっぱ「無料」は大きな鍵なんですよ。

で、ユーザーが増えれば広告主も増える=収入増となるわけです。現に、Googleの収入源の95%は広告収入。残りの5%はYahooなどへのライセンス供与による収入だそうです。

 

僕の使っているウェブブラウザ、「Fire Fox」も面白いビジネスモデルを展開しています。フリーソフトウェアのウェブブラウザなのですが、ボランティアで開発されてるわけではなく、ちゃんと収入が… 2005年は65億円の売り上げだったそうですが、いったいどこからお金が入ってくるのか…

これが、なんとGoogleからなんですって。 Fire Foxの右上には検索窓があるんですけど、そこでユーザーが検索したらお金が入る仕組みらしいです。さらに、その検索結果の広告部分にユーザーがアクセすると、Googleが得る広告収入の80%がFire Foxに。

いや~、意外なところでお金が動いてるものです。 僕らは何も考えずに使ってるだけなのに、密かに貢献していたとは。 煩わしい広告がソフト上に出てくるわけでもなく(強いて言えばGoogleなどの検索窓自体が広告?)、こういったことでの貢献なら全然構わないですね^^

昔は、ネットの広告といえば小さなビジネスのイメージがあったんですけど、世界的に見るとものすごく大きなビジネスに成長してるんですね~。 感心しました。

 

そうそう、Googleと言えば。 昔から思ってたんですけど、Googleは世界中のインターネットを駆けめぐる情報のほとんどを握ってるんですよね? これ、すごいことじゃないかな。 個人の日記から企業情報のリークまで… どんな言葉が流行ってるのかとかも「検索された単語」の統計を見れば一発でわかりますし、案外検索サイトってのはこれらの「情報収集」が真の目的だったりして…

実際、Googleで調べられない事って全く無いと言ってもいいほどですし、それらの情報は当然Googleも持ってるんですからね。

「Google OS」の噂もありますし、この企業の持つパワーはとんでもないもののような気もします。

マイクロソフトとの全面対決はあるんですかね~?

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。