今日の外人さん

XBOX360のオンラインは、ホントに外人さんばっかですね~。 日本人もたまにいるんですけど、ものすっごく堪能な英語を喋りまくってる人か終始黙ったままの人ばかりで、日本語が飛び交うところにはなかなか当たることがありません^^; 日本じゃ流行ってないからだろうな…

相変わらず英語のわからない僕なので、外人さんが喋りまくってる部屋に突入することは容易ではないのですが、子供はやはりガンガン入っていきますw

 

一年ちょっと前にオンラインデビューを果たした我が息子。 一年経ったらちょっとは喋れるようになるかと思ってたのですが、やっぱりそううまくはいかないものですね。 ただ、ヒアリングは少し強くなってきたらしく、「Wait!」だの「Forrow me!」だの、簡単なことなら理解してその通りに動いてるみたいです。 まあ、こういった言葉は、オフラインでやっててもキャラクターが良くよく使う言葉なのでわかるだけなのでしょうけど。

ただ、子供の様子を見てると、どうやら外人さんたちの声はロビーではほとんど耳に入ってないらしく、名前を呼ばれても知らんぷりしてたりします^^; ゲームが始まるとなぜか妙に反応するんですけどね… まあ、ゲーム中だと何て言ってるのかある程度予測がつくってのもあるんだとは思いますが…

そんな感じでやってるんで、ごくごくたま~にではありますが、からかわれてたりすることも。 横で聞いてるとなんとなくわかるのですが、向こうが挨拶してたりするのに返さなかったりするもんだから腹を立てられちゃうみたいですね^^; 僕が気づいたときは、「ほら、挨拶されよるよ。返さないと」とか教えてやるんですけど、子供のゲームをず~っと見てるほど暇でもなく… まあ、おそらく無視されたと思ったであろう相手には申し訳ないんですけど、しょうがないかな^^;

 

今日はちょっと珍しい(?)外人さんに出会ってましたよ。

最初は普通に同じ部屋でゲームをやってただけだったんですけど、あいにく子供のチームは連敗… 業を煮やしたチームの一人がチームをまとめようと、上にも書いた「Wait!」とか「Forrow me!」とかで指示を出し始めたんです。 で、その程度の言葉ならわかる息子は律儀に彼の指示通りに行動してました。 結局は惨敗で終わり解散したのですが、次のゲームでまた一緒に。

ところがこの部屋。人数が揃ってもゲームが始まりません。しばらく経っても全然ホストがゲームを開始しないので、ついにみんなはしびれを切らして去り始めました。 で、残ったのは彼と息子だけ。

その様子を見ていて、僕も息子に「もう次のとこ探したら?」と言った時、彼が息子に「○○(←息子のID)! Wait! Wait…」と引き留めるではありませんか!

 

僕:ちょっと!待てって言いよるよ。

息子:え?

外人:Hum… Oh! Japanese!(プロフを確認した模様) コンニチハ~ コンニチハ~

息子:こんにちは~

外人:Can you speak English?

息子:え?

僕:Noって言え!No。 英語が喋れるか聞きよるったい

息子:ノー

外人:少しもできないの?(って言ったと思うw)

僕:ノーって言え^^;

息子:ノー

外人:Oh, no… Japanese ナントカカントカ(聞き取れませんでしたが、「日本語で何か知ってる言葉なかったかな…」とか独り言をつぶやいてる様子)

~沈黙~

 

しばらくの沈黙のあと、彼はおもむろにキャラクターをクルクル入れ替え始めました。おそらくボディランゲージみたいなもんでしょうw しばらくはポカーンと見ていた息子でしたが、やがてそれに呼応するように同じようにキャラクターをクルクル入れ替える動作をw

なんとなく笑いながら見てましたが、いつまで経っても同じ事をやり続ける二人…

ここは一つ父親らしく、何かアドバイスを… と思いましたが、これが学生時代の不勉強の成果。 悲しいことですが、なかなか何も思いつきません^^;

ありったけの知恵を振り絞り、やっと出てきたのが「Do you speak Japanese?」だけ… さっきの外人の質問と一緒やん…orz

 

まあ、何はともあれ、この不毛な時間を続けるよりはマシだろうと、息子に喋らせてみました。

まさかこっちから話しかけると思ってなかった外人さんw ものすごく慌てた様子で、

「Hey, hey! (今なんて言ったんだ?的な言葉) Once more! Hey!!」とまくし立てて来ました。

 

ところが、息子はそれを思いっきりスルーw

 

あ、そっか。ゲームで使わない言葉だからわからんのだった! と気づき、「ほら、もう一回言ってってよ」と教えてやると、やっと繰り返しました。 危ない危ない^^;

外人さんは、ものすご~く申し訳なさそうに、「Oh… sorry. ナントカカントカ」と。なんだかかなり落胆の様子。

スミマセン…たいした質問じゃなくて…しかも、答えも「喋れない」ってわかってはいたんですけど…orz

 

そうこうしてるうちにもう一度人が集まり始め、今度はゲームへ。

ゲームになるとキビキビ相手に反応できる息子。再び外人さんの指示通り動いています。 外人さんも会話しかできないロビーと違い、キャラクターに面白い動きをさせ、息子に対し盛んに「○○! Look!」とか言いながらアピール。微笑ましいです^^

そうこうしてると、この外人さん。「歌は世界共通だ!」と思ったのかどうかわかりませんが、いきなり「Everybody dance now」を歌い出すではありませんか。しかも、(ゲームキャラの)振り付きでw 最初は他の人たちも( ゚д゚)ポカーン としてるだけだったようですが、やがて大合唱に。 部屋には、日本(うちの子)、スウェーデン(その外人さん)、アメリカ、スペイン、オランダ…と、本当にたくさんの国の人たちがいたんですけどね~。

息子は知らない歌ですので、一緒には歌ってませんでしたがかなり楽しい様子。 いや~、歌が国境を越えてるのを目の当たりにしましたよw

 

残念ながら、そのゲーム終了後、子供は寝る時間だったのでゲームを止めましたが、僕が見ていても楽しくコミュニケーションがとれてました^^

やっぱりオンラインゲームはいいもんですね~。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。