DVDドライブ復旧

今日、新しいDVDドライブ、GSA-H62Nが届きました^^

開封してから気が付いたのですが、ケーブル類は一切付属してなくてちょっとビックリしたのですが、よく考えたらドライブ買ってケーブルが入ってたことはありませんでしたね^^; S-ATAということで、勝手に「ケーブル付いてるんじゃないかな?」くらいの気持ちを持ってしまってた自分がちょっとハズカシイ…w もちろんケーブルはマザーに付属していたものが残っていますので問題ありません。

交換に気を遣う必要のないパーツですので、開封してさっさと取り付け。 S-ATAになったおかげでケースの中もかなりすっきりしました^^ まあ、もとがごっちゃごちゃなのでみっともなくて画像は載せられませんが…^^;

 

取り付け後、早速失敗に終わってたDVDを焼き直してみましたが、まさに完璧^^ だいぶ速くなりましたし快適です。 GSA-4160Bも壊れたし、同じメーカ製のドライブなので信頼性までは保証できませんが、かなりコストパフォーマンスに優れたドライブだとは思います^^

 

そうそう、交換後に気づいたのですが、DVD-Rへの焼きは前のドライブでも16倍(今度のヤツは18倍)あったんですよね… メディアは16倍対応のやつだったのですが、焼くときに4倍までしか選べなかったので、てっきりその速度がドライブの限界だと思ってました。 今思えば、その時点で「何かおかしい」ってことに気づいても良かったんですね… さっさと気づいたら、およそ10枚のフリスビーを作ってしまうこともなかったろうに…^^;

 

これでIDE系のものが僕のPCから完全に消えました^^ 何かと噂のJMicronのチップともおさらばしたことだし、一気にVista環境が近づいた気がします^^ …ハードだけは…^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。