マクラーレン

マクラーレンの処分が決まりましたね。

例のスパイ疑惑に対する裁定が、世界モータースポーツ評議会から下されました。

結果は…

チームは2007年シーズンのコンストラクターズ選手権からの除外、および1億ドル相当の罰金とういうことです。

これをふまえて一連の騒動を見ると、やはり「黒」だったみたいですね…

なんでもありのF1ですから、「黒」だというのは間違いないとは思っていましたがw、こうして正式に処分が決定すると改めて事の大きさをうかがい知ることができますね。

 

しかし…1億ドルって…やはりすごい世界ですね^^; 罰金がおよそ120億円って… 普通の会社なら速攻で倒産しちゃうんじゃないですか?

コンストラクターズポイントが入らないって事は、チームとしてはさらに何千万ドルという損失が出るってことですしね。 罰金の額プラスこの収入が無くなるってのは限りなく痛いでしょうね^^;

もちろんお金以上に「名誉」を重んじるスポーツですので、コンストラクターズの順位そのものがなくなるってのもかなりの屈辱でしょう…

 

で、ドライバーに関してですが、証拠提出の見返りとしてドライバーズポイントはそのままだそうです^^ 激烈なチャンピオン争いを演じている二人ですからね~。これだけでも良かったと喜ぶべきか…

 

いずれにしても、争いはコースで見せて欲しいものですね。 僕としては、罰金は下位チームに分配されたりすると、チーム力の差も少なくなるし、結果、必然的にバトルは増えるだろうしいいことずくめだと思うんですけどねw どうです??

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。