F1GP 2007終了^^

終わりましたね~、2007シーズン。

まさかまさかの大逆転で、今日のブラジルGPを勝ったフェラーリのキミ・ライコネンがシリーズチャンピオンに輝きました^^

レースが始まる前までは総合3位で、ほとんど可能性は無かったんですけどね~。見事なものです。

反対に、マクラーレンにとってはかなり苦いシーズンとなりましたね。ハミルトンとアロンソの独走でポイントをリードしていたのにスパイ疑惑でコンストラクターズポイントの剥奪。それでも個人タイトルは間違いなくマクラーレンの2人から出ると思われていたのに…

今年は完全にフェラーリとマクラーレンというチームカラーの違いで決まってしまいましたね。

チームとして戦っているフェラーリと個人主義のマクラーレン。どちらも一長一短あるのでしょうが、今年はフェラーリに軍配が上がりました。

シーズンを通して得意のお家騒動を繰り広げたマクラーレン。対して、フェラーリは今日のレースでもマッサがライコネンを先に行かせて(…って言ったらいけないのでしょうけど^^;)見事タイトル獲得。

 

それにしても今年のGPは最後まで予想しにくかったですw うれしい誤算はスーパーアグリがポイントを獲得したこと。しかも2回! それに、最終戦でウィリアムズからデビューした中島一貴。 ご存じのとおり、中島悟の息子ですね^^ お父さんの時代から見始めた僕としては、なんだか感慨深いものがありますね~。

その中島一貴選手ですが、デビュー戦、なかなか健闘したと言っていいのではないでしょうか^^ 予選では経験したことが無いというアタックラップをうまくこなすことができず19位に沈みましたが、決勝は10位完走。 何人か抜いてるところも映ってましたし、最後の方ではクルサードとの熱いバトルもしていました。 あ、そういえば最初のピットでクルーを2人くらい跳ね飛ばしてしまいましたね…^^; 彼ら、大丈夫だったでしょうか?一人はタンカに固定されて退場していましたが… 来年のことはまだ何もわかっていませんが、このままウィリアムズで走ることができるといいですね^^ フリー走行やレースペースではかなりいいパフォーマンスを見せてくれていたので期待してます^^

それと、今年デビューした新人、ハミルトン。 彼の活躍はめざましいものがありました。 今回も予選までは最高のパフォーマンスを見せてましたし、当然シリーズチャンピオンになると思っていたのですが… やはり若さが出ちゃいましたね^^; スタートでライコネンに前に出られ、あり得ないラインで抜き返そうとしてアウトに… あの時点で勝利の女神は彼のもとを去ってしまったと思います。 途中ギアが入らずかなりのロスをしたにもかかわらず7位フィニッシュってのは見事ですが、それが無かったとしてもきっと勝てなかったでしょう。 ホント、予選までは周りがみんなハミルトンを優勝させようと思ってるとしか思えないほど彼に風が吹いてたんですけどね。 まあ風と言っても人工的な感じがする風ですがw ホントなら昨日の予選でペナルティじゃないの~? 彼があんなことするの初めてじゃありませんからね。 ルーキーとはいえ、さすがF1ドライバー。やり方が汚いw かなりの優等生を装ってるだけに余計汚く感じるよなぁ…w

 

来年はどんなシーズンになるのかな? 日本人的にはホンダとトヨタにもっともっと上を目指してもらわないとね~。それからスーパーアグリ。いいスポンサーを見つけてくださいね^^; 琢磨はどうすんのかな?来年もスーパーアグリですかね。頑張って欲しいですね^^

左近は…今日はホント残念でしたね。あれはフィジケラでしたか?あんなタイミングで前に出られちゃどうしようもないって…^^; 彼にとっての最終レースかもしれないGPでしたので、完走して欲しかったんですけどね^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。