Vistaで迷ったこととか

「え?どうやってやるの…???」

実はVistaになってから結構迷ったことがあって、今日はそんなお話を少し。

まず最初にインストールが終わった段階。おそらくその時点で最適な解像度でモニタが表示されている人ってのはそれほどいないのではないでしょうか。

まずは解像度を合わせる作業をすると思うのですが、その時点ですでに「???」が^^;

今までは、デスクトップの何もない場所で右クリック→プロパティを開くと「画面のプロパティ」が出てきてたのですが、Vistaでは右クリックをしても「プロパティ」という表示が出てきません。これは別に焦る必要はなく、一番下の「個人設定」ってのを押せばいいんですけど、最初見たときは当然「個人設定」って項目が画面のプロパティ関連をいじる場所だってのは知りませんのでかなり焦りました^^;

ちなみに「個人設定」を選んで出てくるのはこんな画面。

image

パッと見て、今までの「画面のプロパティ」とのあまりの違いに驚愕^^; この画面をしばらく眺めていたのですが、「壁紙」やら「スクリーンセーバー」しか調整できないと思い画面を閉じてしまいましたw 実は一番下の見えてない部分に「画面の設定」ってのがちゃんとあるんですけどね…見事に見落としていました^^;

まあ、一番下にあるのでこの画面をスクロールすればいいんですけど、最もわかりやすいのは素直にコントロールパネルを表示することですね。

image 

しっかり「画面の解像度の調整」って項目がありますw 僕はこれも速攻でクラシック表示に切り替えてたために発見が大幅に遅れてしまいました^^;

結局最初はCatalist Control Centerから解像度の調整しましたからね…

 

と、こうやって書いちゃうと、迷うのがアホじゃないかというようなことにひっかかってばっかり^^;

次に迷ったのがフォルダの設定です。

「フォルダオプション」ってのは、Windowsを使う時に必ず設定しなければならない重要な事を設定する場所。 具体的に言うと、「隠しフォルダの表示」「拡張子の表示」「保護されたオペレーティングファイルの表示」。これらをちゃんと設定しないとWindowsって思ったことがな~んにもできないんですよね^^;

いつからだろうな…この辺を最初から扱わせてくれなくなったのは… XPまではこれを変更するのは適当なフォルダを開いて、上のメニューバーから「ツール」→「フォルダオプション」を選んで設定画面を出していたのですが、なんとVistaではメニューバーが無い!!

image

…これにはかなり絶句しました^^; フォルダオプションを設定できないのはかなり不便です… というか致命傷に等しい^^; 先に書いてしまえば、これもコントロールパネルから設定できるのですが、長いこと我流でやってたせいでそのことを僕は知りませんでしたw

軽い絶望感が漂いましたが、こんな時こそネット環境を活かす時!調べると、左上の「整理」→「レイアウト」で「メニューバー」にチェックすればメニューバーが現れるってのを発見。 やっといつものWindowsに近づいてきました…

image

あ、そうそう。この画面をキャプチャしたついでに書いておきますが、個人設定なんかは今までは「Document and Settings」に格納されていましたが、Vistaでは「ユーザー」フォルダに格納されています。上の画面に「Document and Settings」のショートカットが少し見えてますが、これはXP環境まで用のソフトが不具合を起こさないために残されているのだそうです。 アクセスの方法があるのかどうかはしりませんが、これをクリックしても「アクセスが拒否されました」となりますね。

 

…と、この2点がVista環境に移ったときに大きく迷ったところですかね~。他は今のところ直感でどうにかなっています^^

あ、そうそう。フォルダオプションでの設定でもう一つ。 「常にアイコンで表示し、縮小版は表示しない」には是非チェックを!

Vistaではフォルダアイコンがその中身を表すようになっているので、

image

フォルダの中身が軽く見えちゃいます。 つまり、人に見せられない○○○な画像なんかがフォルダを開けずとも…ってことですw 男性諸君!くれぐれもご用心を…

image

これがあるべき姿ではないでしょうかw

 

それでは^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。