やはりダメか…

今日もまたまたVistaのお話。 しかも、残念なお話…^^;

 

症状には初日からなんとなく気づいていました… ネットに接続していると、突然訪れるハングアップ。最初は相手方のサーバの問題かと思ってたのですが、どうも様子がおかしい…

で、プロバイダの問題なのかと思ってネットワーク接続の確認をしてみようと思ったのですが、管理画面にアクセスできず… この時点で問題は、PC~ルータ間に絞られました。

自分のPCの問題なのかと思い、ネットーワークの修復を試みたりしたのですが回復せず。 再起動でもダメ。

う~ん… と思いながらルータの再起動をしてみたところ、今度はOK。

「もう何年も使ってるのに、こんなこと無かったなぁ…」

 

珍しいこともあるもんだと思いながらもそのまま使っていましたが、なんと一日も経たずにまた同じ症状に…^^; またルータの再起動です。

昨日今日使い始めたルータじゃないので、これは異常事態だと気づき、ネットで検索してみると…

 

・゚・(つД`)・゚・ どうやら、大のお気に入りであるBA8000ProはVistaではうまく動かないらしいことが判明してしまいました…

 

これは痛い…^^; メーカーのウェブサイトを見てみると、「BAシリーズはVistaでの動作確認をしておりません」との連れないコメント。 ならば、と最新ファームウェアを探したのですが、2005年を最後に更新されておらず、もう完全にノーサポート状態であることがわかっただけに終わりました orz

 

全く、なんてこったい! ですよw

Vista導入の際に、PCのハードウェアとソフトウェアはかなりチェックして、「これならいけるな」と突撃したのですが、まさかルータが未対応とは!!

完全にノーマークでした^^; 実は最近のブログの記事のアップも何回かこの不具合のせいでうまくいかなかったりしていました。普通にやってた事ができなくなってるのですから、結構深刻ってことですね。

 

ということで、これまでかなりの長期間にわたり僕のネット環境を支えてくれていたBA8000Proは引退させることに… 長い間ありがとう ・゚・(つД`)・゚・

で、現在は新しいルータを探しているところです。候補は3~4に絞っているのですが、ここからがなかなか絞り込めませんね^^;

無線LAN内蔵にするのか、それとも今の無線LANルータを使いつつ有線LANのルータを買うのか… この際と思ってギガビットルータなんかも視野に入れたら、今度は値段がどんどん跳ね上がっていきそうだし…

どちらにしてもあまり買い換えるものではないのでそれなりに真剣に選ばないと…

しばらくは悩みが続きそうです^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。