移植敢行!

連休を利用して、新しいPCケースへの移植とマザーボードのP5K-Eへの交換を敢行しました^^

本当は昨日、新ケースのAntec SOLOの中を記事にする予定だったのですが、ブログを書く環境が整わなかったので今日一緒に解説しながら書くことにします…

 

慣れてる慣れてないの問題ではなく、やはりマザーボートの交換は気を遣いますね^^; 僕個人の勝手な数え方なのですが、OSの再インストールを確実に伴う、マザーの交換でPC1台というふうに見なしていますので、今回で7代目ということになります。 なんか「代」の字を使った方がしっくりきますのであえて…w

 

さて、早速作業開始。

DSCN4030 

前日のうちに新しいケースへP5K-Eだけでも取り付けておこうと思ったら、このケースは上蓋がビス留めしてあって外れないことに気づきました。 マザーを取り付けてからだと電源が入れにくそうってことで敢えなく断念^^; なので、新ケースへ真っ先に電源を取り付けました^^

ネジ位置がピタッと決まっていてちょっと感動w 普通の家電品などしか扱ったことが無い人には理解しにくいと思いますが、PCケースって意外といい加減な作りのものが多いんですよ^^; なので、こうやって取り付ける時にバシッと決まるとちょっとうれしいですね^^

DSCN4052

そうそう、このケース。横カバーを留めてるネジが落ちないようになってるんですよ。ちょっとした配慮ですが、普段から良く開ける場所だけにうれしい仕様ですね^^ 画像の左端に見えてる黒い板は、ポリカーボネートです。左右側面と上面に貼ってあり、静音効果を高めているようです。

 

で、まずはマザーの取り付けなのですが、これがなかなかギリギリ一杯^^; 指が入る隙間もないほどです。今までのケースと大きさは同じくらいなのですが、上の画像を見比べてもわかるように、ドライブベイがかなり大きいので余裕はほとんどありませんでした。

DSCN4045

CPU、メモリ、ドライブも移植した状態がこちら。 う~ん、やはり電源を先に取り付けたのは正解だったようですね…

…と、ここで大問題が!!

なんと、HDDベイの一番上を使うと、マザーのEATX24ピンソケットと干渉するではありませんか!

DSCN4044

これはつらい…^^; 現段階では幸いにもHDDは3つしか使っていませんので、このベイを回避することができ、事なきを得たのですが、4台目を取り付けるときには少し考えないといけませんね^^;

あ、そうそう。上の画像で2台のHDDの間にゴムバンドが見えますよね。 これ、このケースの最大の特徴で、なんと、「ゴムマウント」を選択できるのです。 なんじゃそりゃw

まあ、言ってみれば「HDDの振動音を抑える」ことを目指した究極のマウント…って感じ?

DSCN4039

このゴムにハードディスクを挟み込む、という… このかなり奇抜なシステムを選ぶと 、

DSCN4040

こんな感じ。固定できているんだかいないんだか… 結構ぐらぐらですw ただ、これによるトラブルの記述は見つかりませんでしたので意外と大丈夫なんでしょうね~。

とりあえず、今回はもう一つのマウント方法を選択。

DSCN4038

それはこのマウンタを利用する方法。HDDとの接点にシリコンゴムを挟むことで振動音を抑制しようという狙いがあります。ちなみに、これにHDDを取り付けた後は、本体とはワンタッチで脱着が可能です。アクセスはフロントから行うことができますので、メンテナンス性はかなりいいですね^^

取り付け後はこんな感じになります。ちなみに、僕がHDD底面のねじ穴を使ったのは今回が初めてです。

 DSCN4041

14

フロントからスライドさせて、カチッとなるまで差し込めばOK。取り付けにネジが要らないのは楽ですね^^ この画像ではゴムを残していますが、もちろん取ることも可能です。 それほどエアフローに悪影響を与える気がしなかったのでそのままにしています。

先ほどの「一番上のベイだと干渉…」ってのは、これをスッと外して付け替えれば良かっただけですので、いきなり扱いやすさを実感できましたw

フロッピーやDVDドライブなど、どれもこの方式で固定です。 5インチサイズの場合は、

DSCN4031

このアタッチメントを側面に付けます。ケース内で作業するわけでは無いので、やはり楽ちん^^

 

で、先ほどから「フロントから…」って何度も言ってますが、フロントは扉のように開きます。

これが中が狭くてもメンテナンスしやすい秘密なんですね^^ 左に開いてる小さな扉はフロントファンを付ける場所です。

 

と、そんなこんなでだいぶ完成が見えてきました。

DSCN4047

う…かなりカオス^^;  これに反して元のケースはかなりすっきり… ま、当然ですねw 後はビデオカードと、ケーブルの整理ですが… このケーブルはいつもくせ者なんですよね… 今度はケース内部が狭いだけに、かなり難儀しそう…

…と、思ってたのですが、意外とすっきり… (゜▽゜;)

DSCN4049

最近のしゃれたプラグイン電源でもなく、スパイラルチューブもタイラップも使ってないのに結構すっきりまとまりました^^

その秘密は…

DSCN4051

右側面に設けられた、このフック。 ここに余った配線を引っかけておけばいいんですね^^ これ、僕はかなりビックリの仕掛けだったんですけど… 普通ですか? とにかく、これのおかげで楽に取り回せました^^

 

…と、特にたいした記事でもないのにダラダラ書いてしまいましたが、完成です^^

スイッチオン!

 DSC_2575

リング状に光るライトも上品でいい感じですね~。 フロッピーディスクドライブはベゼルがシルバーだったんですけど、黒いやつが余ってたのでベゼル部分だけ交換。うまくいきましたw

 

はぁ…作業より記事書く方が疲れた…^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。