HD DVDを体験

せっかくHD DVDレコーダーを購入したことですし、市場から無くなる前に是非一度体験しておかなければ…

ということで、

DSCN4384

買ってみました^^

4千円ちょっとしたかな… 実は買ったのは少し前なので正確な値段は覚えてません^^;

ただ、視界に入る場所で1500円くらいでDVD版のM:i:IIIが売られていたのは覚えてますw 普通に考えるとDVD版の選択が正解ですね~。

次世代DVDといえば、そのフォーマットと映像にばかり話が集中していますが、実は音のフォーマットも「次世代」。

僕はどちらかというと、この「音」のほうに興味があるかも…

DSCN4387 

…なのですが、この新しいフォーマット「Dolby Digital Plus」は僕のアンプではデコードできません^^; ってことなので、音の体験はおあずけ。

 

さて、本編の方はものすごく面白かったのですが、肝心の「次世代」映像は…

結果から言いますと、それほど感動はありませんでした^^;

VHS→DVDの時は映像の進化もさることながら、チャプターによる一発頭出しなどに痛く感動したものですが、その辺の「機能」に関する部分には進化が無いってのが大きな理由ですかね。

当然キレイなのはキレイなのですが、480iから480pになった時ほどの劇的な変化は無く、「あ~、キレイね~」って感じで落ち着いて感動できましたw

 

ってことで、次世代DVDがあまり流行っていない理由がなんとなくわかった気がします。

キレイなDVDってだけではやはり訴求力に乏しいですね… ドライブの値段がもっと下がって、いつの間にかみんなが買い換えるときに次世代DVDになってた…といった緩やかな普及しか無いのかな? と現時点では思いますね。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。