なんか撮りたいのですが・・・

せっかく購入したAF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm f/2.8G IFですが、今のところどこにも撮りにいけていません^^;

忙しいってのもあるにはあるのですが、ホントのところ、ちょっと出かけるのが億劫だったり・・・w

とはいえ、毎日防湿庫から出してみてはちょっと小物を撮ってみたりと、それなりに遊んではいます^^

DSC_3117

最短撮影距離が36cmとかなり寄れるので結構万能なレンズですね~。

このところ、ずっと18-200mmが主役でしたので、いきなりのスパッとした切れ味に感動しまくりですw

「高いお金出したから無理矢理そう思いこもうとしてるのかもしれないけど・・・なんかタムロンの90mmマクロよりキレイな気がしないか?」

近接撮影は、もちろんタムロン90mmマクロの一番の得意とする分野。 そのレンズに対して接写でいい勝負をするとなると・・・

こりゃ、ちょっと試してみんと^^

ってことで。

080302

本来なら同じ時計にしてもアナログのもっとカッコイイ時計で試すべきなんでしょうけど、あいにくこれしか持ってないので^^; いつもと同じG-SHOCKです。すみません^^;

・・・と、まあそれはいいとして、結構な写り方の差にちょっとびっくり^^;

左上 Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm f/2.8G IF

左下 Nikon AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

右上 Tamron SP AF90mmF2.8 Di MACRO1:1

右下 Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

です。シャッタースピードはお任せで絞りだけをF5.6に統一。それぞれ焦点距離が違いますので画角をできるだけ合わせる・・・という、比較になるのかならないのかわからない撮り方ですw

この中では、右上のタムロンのやつはちょっと離れて撮っています。

う~ん、こうやってみると、さすがにタムロンの90mmが一番解像していますね~。 でも、やはり「劣る」とは言えない感じで17-55mmも大健闘です^^ これが見れただけでも買って良かった!w

しかし、カメラ任せだからでしょうか・・・露出がえらく違いますねぇ・・・ 50mmF1.4に至っては、ピントも合ってない気が^^; でも、何度か撮り直してこれですので、カメラ的には「合焦してる」との判断なのでしょうね。ひょっとしたら「要調整」なのかもしれませんね・・・

18-200mmは結構健闘はしてるっぽいのですが、なんせこの露出でしたので判断しにくい・・・ まあ上の二つと比べると甘いのは間違いないですけどね。 蛍光灯下なんで条件もそろわないんでしょうね。すみません中途半端なことしちゃって^^;

・・・と、無理矢理画角を合わせるとタムロンの90mmと17-55mmは結構互角に戦うのですが、タムロン90mmの名誉のために書いておきますと、本当はもっとずっと寄れますし、やはり僕の持ってるなかでは「接写No.1」のレンズです^^

同じように、便利さや機動力だとダントツで18-200mm VRですし、ポートレートや明るさでは50mm F1.4。 今回の17-55mmは僕が買った6本目のレンズで、すでに二本は手放しているのでここで紹介した4本しか手元にはありませんが、この4本はどれも大好きです。 それぞれのレンズの持ち味を発揮できるように、あとは腕を磨くだけなのですが・・・そこが一番難しいところですね^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。