Nikon D300, D80高感度比較

D300で撮影していて思ったのですが、噂どおり高感度ノイズ耐性がすごく高い感じ。

いったいどのくらい強いのか、ちょっと試してみることにしました。

比較するのはもちろんD80。なんせこれしか他に持ってないもので・・・w でも、D80も高感度ノイズの耐性の高さは評判でしたからね。比較対象としては、「申し分なし」といったところでしょう^^

撮像素子自体の耐性を調べるのもいいと思ったんですけど、より実用面での比較がしたかったために、ともにカメラでの「高感度ノイズ低減」設定を「低」に入れています。

F値は4.2で統一。 ちょっと中途半端ですが、最初の一枚を撮ったときがたまたまこのF値だったんで^^;

シャッタースピードはD300の絞り優先オートで選択されたスピードをD80でマニュアル指定することで合わせています。

元の画像は、

300_1420

持ってることをすっかり忘れてたOakley の時計・・・ 引っ越しの片付けを始めたところで発掘されましたw

撮影後に気づいたのですが、針が動くんで比較しにくいですね。 なんで静止物にしなかったのかと後悔しましたが後の祭り。 ま、そんなに厳密なテストってわけではないので気軽に見てください^^

D80-D300-iso

↑ クリックすると等倍で見れます。 下段の分数がシャッタースピードです。 若干のピントのずれなどはごめんなさいw

D300の高感度低減は、ISO800から効くということですので400以下は参考程度に^^ ISO100は、D300では設定がありませんので「減感」しています。

どうでしょうか。 やはり明らかにD300の方がノイズが少ないですね。 やはりCMOSを採用した強みが現れているんでしょうか・・・ Capture NXで確認したら、D80の方が強く補正がかかってるんですけどね。

いずれにせよ、これだけノイズが少ないと、躊躇無く高感度設定を使うことができますので、よりシャッターチャンスに強くなるのは間違いないですね^^

ちなみに、D80の方ですが、実はちょっとこれはD80には厳しいテストでした。 というのも、D80にシャッタースピードを任せると、もう1/3段~一段遅い設定になるんですよね。 つまり「明るく写る」んです。 イコール「ノイズが目立たなくなる」というわけで、今回は無理矢理シャッタースピードの選択をマニュアルで指定しましたが、普通にカメラに任せて撮影する時はもっとノイズが少なく見えるでしょうね^^ もちろんその分シャッタースピードが犠牲になってるわけですが・・・

あと、ホワイトバランスが両機種で違うのが目立つと思いますが、これは完全にD300の圧勝で、より忠実に再現しています。 以前D70sと比較したときには「すっげ~D80のホワイトバランス・・・」と思いましたが、やはりまだまだ進化するものなんですね~。

・・・と、ここまでで1500枚近い撮影をすでにしてしまいました^^;

そのうち1200枚は最初の2日ですが、これには自分でも驚きました・・・ でも、理由は簡単に判明。 僕からすれば驚異とも言える秒間6コマの連写速度のせいなんですw なんせ16秒で100枚の撮影が終わりますからね~。「カシャカシャカシャカシャ・・・」の音が心地よすぎて、つい意味もなく連写しまくってましたw

でも・・・まだ屋外に撮影にいって無いんですよねぇ^^; 早くどこか撮影に行きたいところです。

三星カメラでD300の価格をチェック!

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。