はじめの一歩

・・・と言っても某ボクシング漫画ではありません^^;

最近市場的にもかなり拡大しているデジタル一眼レフの話題です。 ちょうど質問もいただきましたので、「最初に買うデジタル一眼レフは?」ってことについて自分なりに書いてみたいな・・・と思います。

まあ、こういったことを記事している専門の雑誌や、もともと詳しい方の話が参考になるのは間違いないんですけど、最近記事のネタにも困ってますのであえて書かせてもらいますw

内容は、「画素数」について。

 

ほとんどの方はコンパクトデジカメから一眼レフへと移行されると思いますが、選び出して悩むのは「なんだかコンパクトデジカメの方が画素数が多いのにこの一眼レフ高いよな~」ってとこじゃないですか?

実は僕もこれに悩まされた経験ありですw その当時買ったコンデジが700万画素っていう売り文句で、「おぉ!すっげ~!」と飛びついたのですが、その後一眼レフを買うにあたり、購入対象とした機種の画素数が600万画素だったからなんです。

普通に考えたら高画素ってのはそのまま高画質に直結しそうですからね~。 現にメーカーも「そうだ!」と言わんばかりの宣伝をしています。

ですが、実はこれはかなり危険な認識。 デジカメの画質っていうのは、光を受けるCCDやCMOSといった受光部(撮像素子)の大きさで大きく左右されます。 あんまり目立たないかもしれませんが、これはスペック表にも載ってるんですよ^^

コンパクトデジカメとデジタル一眼レフとで比較すると、コンパクトデジカメの撮像素子の対角線が主に7mm~9mmなのに対し、ニコン一眼レフのDXフォーマットなら28.3mmと、かなりサイズが違います。いわゆるFXと呼ばれるフルサイズのフォーマットなら、もっともっと違います。

で、これが何を意味するのかというと・・・

デジカメの「何百万画素」というのは、この撮像素子に入る画素数を表すわけで、同じ画素数で見た場合、この撮像素子が大きい方が一つ一つの画素の面積を大きく取ることができることになります。

そのため階調が豊かに再現できるのです。つまり一つの画素に、より多くの情報を与えることができるといった解釈でいいかと。その結果ノイズも発生しにくくなるため高画質になる、というわけです。

となれば、コンパクトデジカメの小さな撮像素子に無理矢理情報を詰め込むよりも、デジタル一眼レフの大きな撮像素子のほうが相当に画質面で有利だということになります。 高感度撮影などしたら一発で違いがわかりますよね^^

ってことで、この点だけ見ても、コンデジよりデジ一の方が同(低)画素数でも高画質であるというのがわかりました^^

 

次に、同じデジタル一眼レフ同士での比較になるのですが・・・

今度も考え方は先ほどと同じ。今度は撮像素子の大きさは同じとして、単に画素数の多さから来る比較をしなければなりません。

ニコンのDXフォーマットというのは、400万画素CCD~1230万画素CMOSまで発売されたのかな? 昔のことはよくわからないのですが、だいたいこんなものだったと思います。

CCDとCMOSというのは昔は原色系、補色系などと言われていまして、CCDの方がより高画質と言われていたのですが、デジタルカメラが高画質化されていくに従ってその立場は逆転したと言ってもいいかもしれません。これについて書くと長くなりますので、また別の機会に^^;

で、話を戻し、さらに大幅に端折ると・・・^^;

DXフォーマットの最適な画素数は600万画素くらいだというのが定説のようです。 それ以上の画素数はオーバースペック。画像情報としては画素数が多い方が有利なのは間違いないのですが、ノイズ発生のリスクもそれに伴って増えていく・・・というわけです。 もちろん技術的な革新によって1000万画素でもそれほどノイズを感じさせない・・・ということもできるようになっていますし、一般的に後発となる「高画素機」のほうが機能的にも優れているのはそのとおりだと思います。

ただ、それほど単純に考えられるものでもなく・・・ 例えば上に書いた理論だと、僕が最初に買った600万画素のD70sは、その後発売された1000万画素のD80よりも高画質・・・ってことになるのですが、実際はそうではありませんでした。全てにおいて(画質も機能も)D80の方が優れていると言っていいでしょう。

となると、「1000万画素のほうが600万画素よりもやっぱりいいじゃない」ってことになりますよね^^; ですが・・・この2機種は発売された時期が違うのです。デジ一の世界はめまぐるしく変わりますので、一年経てば思いもつかなかったようなすごいことができたりします。なので、後発は圧倒的に有利になる可能性が高い・・・この二機種はまさにそれです。

では、同じ世代では?

D80と近い世代だと、600万画素のD50という機種があるのですが、実はこの辺と比べると微妙なところ。 人によってはD50の方がキレイだと言い切ります。 D80のノイズ耐性はすごいと思いますが、それは画像処理技術の進歩によるところが多いのです。 つまり、より「素」に近いデータをはき出してもキレイなD50と、いろんな技術を使い「画像を作り出してくる」D80のどっちが・・・という話だと言っても過言ではないと^^; これだと、D80を買う必要があるの?・・・となってしまうのですが、廉価機のD50とD80ではカメラ自体の機能が雲泥の差。そこがこの両者の決定的な違いになります。

「・・・よくわからない・・・」

と思われた方。正解ですw 「高画素=高画質」というほど単純ではないと言ったわけですからw 画素数を無視するのは危険すぎると思いますが、そこにばっかり注目するのはもっと危険かもってことだけわかってもらえればうれしいです^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。