Nikon D700

・・・の発表があったにも関わらず、すぐに記事を書かなかった・・・

という事実が示すとおり、僕にFXフォーマットが必要だとは感じたことがないため、実はあまり興味が湧いていません^^;

撮像素子のフルサイズ化による、ぼけやすさや高感度耐性の向上などのメリットがあるにしても、僕程度の腕ではそれを活かした写真が撮れるとも思えない・・・という、かなり自虐的な理由からの「興味の無さ」です。製品に魅力がないと言ってるわけではありませんので、念のためw

D3の廉価版という位置づけで間違い無いのかな? とりあえず、初動30万円弱ってところからのスタートになりそうですが、フルサイズでこの値段は十分お得ですね^^ (三星カメラの価格をチェック!
) 少し経ったら20万前後まで落ちたりするかも? そうなるとかなりお買い得になりますよね~。と、適当な予想は置いておいて・・・

 

中身のエンジンなどはD3やD300と同じものが使われてそうなことがNikonのウェブサイトに書かれていました。新しい機能としてちょっと心惹かれるのは、ファンクションボタンに設定できる「プラスRAW」という、一回こっきりのRAW撮影にボタンが割り当てられることですかね~。 「とりあえず押さえておこう」ってときにはJPEGで、「これは!」といったときにはRAWで、と使い分けられると、あの面倒な現像作業にもそれほど時間を取られずに済みますからね^^ これ、ファームアップでD300に対応させられないんでしょうか・・・

それと、ライブビュー使用中に水準器を液晶モニタに表示できるってのもいいですね~。 しかも、そのライブビューの呼び出しもファンクションボタンに割り振れるってのが素晴らしい! 僕はライブビューはかなり使用しているのですが、いちいちダイヤルを回して撮影し、その後また戻すって作業は意外に面倒なんですよね^^; ダイヤルのポジションを確認するためにいちいち上部を見ないといけないのも煩わしいし・・・ って、これもファームアップで対応できないのかな~。

・・・と思って今サポート情報を見てみたら、ファームアップしてますね!! ですが、お目当ての機能が付加されたというわけではないみたい^^; D3の方は水準器の表示に対応したり、いろいろと機能向上が図られてるみたいですが・・・ この辺の扱いはフラッグシップとはやはり違うんだろうな~^^; 多少時期が遅くても構いませんので、是非D300も対応させてください^^

 

・・・話が逸れました^^;

7/25発売ということで、それほど待たずに実機を見ることができますね~。

奇をてらわずに、堅実路線で出してきた感のあるD700。きっと「まじめな優等生」の仕上がりでしょうね^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。