オール電化

オール電化の生活になって3ヶ月。なんとなくではありますが、光熱費の傾向などが見えてきました^^

最初にわりと調べていたので、今までの光熱費を上回ることは無いと思ってはいましたが、思っていた以上に安いですね~。

前の家では電気の他に、プロパンガス代がかかっていて、その合計額は、月にもよりますがおおよそ2万~2万5千円。 そのうち電気代が1万~13000円ってところでした。

水道は引かれてなかったため、下水代のみを2ヶ月に一度7千円ほど払っていたのですが、そのことまでをふまえると、一ヶ月の水道光熱費は23000円~28000円ほどになるでしょうか。

で、今度の家ではもちろんガス代がかからないので安く済みそうってのはわかりますが、代わりに水道代というものが発生。 これらを総合してどうなのか・・・ってのは、正直わかりませんでした。

「まあ、全部を電気で賄うわけだから当然電気代は少しは上がるだろう・・・ で、浮いたガス代から電気代の上昇分を差し引いて、その残りが上水代ってところか? ってことは、トントンくらいかな~」

というのが悪い方の予想。どう調べても前の家より高くなるはずはないと踏んでのオール電化計画ですので当然と言えば当然の予想ですw

 

で、最初の電気代の請求は4月。 ですが、これは3月下旬に引っ越してきた分の支払ですので全く参考になりません^^; ちなみに、4千円弱ってところでした。 実質10日も住んでませんので、このままのペースで一ヶ月が経つとすると、やはり電気代は12000円~15000円程度というところか・・・ まあ、予想の範囲内なのでホッとはしました^^

で、5月の請求。今度は電気代はまともに一ヶ月分だったのですが、水道代が2ヶ月に1度の請求のため、住み始めてから1ヶ月と少し・・・という中途半端な状態で請求書が・・・^^;

ということで、またもや比較できず・・・ なかなか光熱費のサンプルを取るのも難しいものですw

ちなみに、電気代。 これが驚いたことにたったの9千円! お風呂も電気、給湯も電気・・・と一ヶ月使っての額ですから驚きです^^ うちは奥さんが専業主婦なため日中も人が家にいるので、どちらかというとオール電化契約に不利な家庭。 それでこの額ですからね~。 10日弱で4千円取られた先月比べると何か間違ってる気もしますが、きっと前回の時のやつは、引っ越しやら工事やらで電気をかなり使う日が多かったからなのでしょう^^ これならオール電化万々歳です!

・・・ということでやってきた6月の請求。いよいよ初めての本格的な光熱費の傾向を見ることができます^^

実は、これをより実際の生活に近づけるものとしたかったため、それほど電気の節約などはしませんでした。クーラーも、ちょっと暑いとすぐにガンガンかけてみたり、PCは今まで通り休みの日は昼からずっとつけっぱなし^^; 環境的にはすごく悪いと思うのですが、とりあえず「実験」という名目ですので・・・

ただ、洗濯とご飯を炊く時間だけはタイマーを駆使して一番安い時間帯になるよう心がけました。これは習慣づければなんてことなくできそうですからね^^ それと、お風呂上がりのドライヤーも。要は、なるべく22:00~翌8:00に大きな電気を集めるってことです。

で、その請求額は8,500円。 さらに下がりました・・・ クーラーの頻度は抜群に上がっていて、夜はほぼ毎日稼働していたのですが、やはり安い! これはもう「電気代は安くなった!」と宣言してもいい状態?? とりあえず、季節別でも電気代が変わっちゃいますので、一年を通して傾向を見ていこうとは思っていますが、おおむねいい結果が続く確信が持てました^^

水道代の請求は12000円。当然下水代のみの前の家より上がりましたが、まあ想像の範囲内で収まってくれました^^ で、一ヶ月に直したら、6千円。それに先ほどの電気代8500円を足すと・・・

なんと!水道光熱費全て合わせて15000円以下で済んでます^^ これは前の家と比べると、月に約1万円浮く計算!年間12万ですからね~。これはデカイです!

仮に改築で、ガスからオール電化へ乗り換えたとしても、工事費60万くらいですか?それは5年で取り返せる計算ですので、やはりオール電化はおいしいようですね^^

もちろんたった一ヶ月で全てがわかるわけではないですから、単純にお得だってのを言い切るのは乱暴なんでしょうけど、少なくとも損はしないはずです。 もし、給湯器が壊れたとか、古くなった等で買い直さなきゃならないときは、是非選択肢の一つとして検討してみてくださいね~。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。