MPX4

いや~、世の中便利なもんが出てますねぇ・・・

ブロードバンドも普及して、映像などのストリーミング配信もすっかりお馴染みになりましたが、これみなさんどうしてます?

YouTubeなどのフリーのやつだったら見ておしまいってことで何の問題も無いんですけど、僕みたいな貧乏が染みついた人間は、有料配信の動画などで「見ておしまい」ってのが、どうももったいない気がしてなかなか手を出せません^^;

保存しようにも、Gyaoなどは画像を右クリックすることすらできませんし・・・

 

・・・と思ってたら、ちゃんとそれを保存できるソフトがあるじゃないですか^^

「えっ!!ストリーミングがこんなにカンタンに保存できるんだ!」
そうなんです!MPX3なら自動検出・自動ダウンロードだからストリーミングもカンタン保存。GyaoやYou Tube、ヤフーなど主要サイトにも対応。返金保証&充実サポートだから安心!

って、これ大丈夫なのかな・・・^^; 普通こういった普段出来ないことをやろうとするような時は、どこからか情報を拾い集めて隠れてこっそりやるもんなのですが、ソフトとして売り出してる会社があったのでビックリw

ってことはちゃんと「合法」なんだろうなぁ・・・と解釈して紹介することにします^^

ちなみに、オンライン限定販売 です。

 

インターナル社から出ているMPX4というソフト。「ストリーミング保存・録画ソフトMPX Gyao、ニコニコ動画、You Tubeなど主要サイトに対応 」ってことで簡単にストリーミング動画の保存ができるんですね~。

これ以外にもいくつか試してみましたが、ことごとくOKでした。 逆にダメなサイトがあったら教えて欲しいくらいかも^^

これが高ければ「何が何でも無料でやってやる!」って思うところですが、値段も現在は4980円~となかなかリーズナブルなので、思い切って買ってみました^^

まあダメもとでいいんですけど、「返金保証」とかしてるくらいですから自信があるのでしょう。

ってことで、僕が買ったのはMPX4のエクストリームエディション。CMカットなんかをするのならこれなんだそうです。

 

ダウンロード版を購入し、早速インストール! 最初の起動時にエラーが出たのは「??」ですが、互換性確保の設定ってのを勝手にOS側でやってくれて、2度目の起動以降はなんの問題もありません^^

これ、同時にインストールされる「パケットスパイ」という怪しげなネーミングのソフトのおかげでものすごく保存までの作業が楽になってるんですね~。

使い方としては、

 

  1. パケットスパイを起動した状態でストリーミング画像を見る
  2. ストリーミング画像がブラウザに出てる状態でパケットスパイがそのURLを検知するので、そのURLを選択し、「ダウンロード」ボタンを押す

gyao01

  1. MPX4が起動して、ダウンロード完了

 

と、これだけですかね~。 Gyaoならタイトルも自動で取得してくれますので特にファイル名などを設定しなくても後で見つけ出すのが簡単です。

最初に少しだけ初期設定がありますが、チュートリアルが出てきますのでそれどおりにすればOK。 この設定をすることでCM無しの動画保存ができますし、前後に分割された映像を繋げて一つの動画として保存することができるので、確実にやっておきたいですね^^

画面上に「自動ダウンロード」ってボタンがありますが、きっとこれをONにすれば、ストリーミング映像を見つけ次第片っ端からダウンロードするんでしょうね。試してないので確実なことは言えませんが^^;

 

で、もちろんこういったことをする目的としては、「いつでも好きなときに見たい」とかだと思いますが、その他にも「通信環境に左右されずにスムーズに見たい」ってのにもかなり貢献してくれます。

普通はストリーミングとして配信されているため、通信環境によっては再生が頻繁に止まったりカクカクしたりすることがあるんですけど、HDDにダウンロードしちゃえばそんな心配から解放されますからね^^

あと、詳しいやり方は書きませんが、保存した動画を別の圧縮方式に変えるのもこのソフトでできますので、DVDにして家庭用の大きなテレビで見るなんてことも大丈夫です^^

もちろん保存した動画などは自分で楽しむだけしかできませんので、間違っても再頒布してみたりだとかいうことはしてはいけません。 当然ですが、法律の範囲内で。

 

それと、購入してから知ったのですが、おまけなのかなんなのか、面白い機能もついてますね~。

mpx401

画像などの自動収集です。

上の開いてる窓にキーワードを入れて検索をかけるだけで、そのキーワードの画像を勝手に収集してきてくれます。 壁紙などはサイズ指定して取ってきてくれますし、ムービーなどももちろんOK。

下限サイズを設定することでサムネイルなどの小さなものは無視できますし、意外と使えそうな機能です^^

もちろん手順を踏めばすべてフリーでできるんですけど、ソフトの値段もそれほど高くないですし、なんと言っても簡単^^

他の詳しい説明は↓こちらをご覧になるといいでしょう。 もちろんそのまま購入もできますよ^^

 

ただ、せっかく紹介したのですが、すでに「4

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。