HONDA RACING TEAM 撤退・・・

今日の午前中、携帯を手にしたときに目に飛び込んだ衝撃的なテロップ。

 

「ホンダがF1撤退へ」

 

驚きましたよ・・・ 来シーズンを以て・・・とかそんな将来的なことではなく、2008年限りでの撤退。つまり、今月いっぱいでの話なんですからね~。

売却先が見つからなかった場合は、工場を閉鎖というから、そりゃあもうすごい緊急事態ですよね。

理由としては、サブプライムローン問題をはじめとした、世界的な不況による事業経営の悪化らしいのですが、なにもここまで急に・・・^^;

つい何日か前のニュースで、バリチェロが来期に向けてホンダとトロ・ロッソと交渉中と出たばかり。ってことは、撤退自体現場は一切知らなかったんですよね?

思えば11月24日、中本修平さんがF1から二輪部門へ異動という記事があったのですが、それが伏線だったってことか?

でも、11月28日には、バトンが「来年のホンダの優勝に期待」とコメントしていますし、そもそも11月18日のバルセロナテストにも参加してるわけですから・・・当然僕は全く予想できませんでしたよ^^;

 

それにしても非情というか、交渉中のバリチェロはともかく、バトンはどうするんでしょう・・・チーム関係者もしかり。 せっかくロス・ブラウンを引っ張ってきて、「さあ、これから」って時ですからね~。

チーム自体も、仮に買収先が見つかったとして、そのチームはエンジンから探さなきゃならないわけで、ここからスタートして、果たして来年の開幕に間に合うのかどうか。

過去にこの時期からチームを作り上げたスーパーアグリにしても、開幕は「とりあえず並んでみただけ」でしたよね。 ファクトリーやマシンがそのまま引き継がれても苦しいことは間違いないでしょう。

 

そして、急に慌ただしくなりそうな来期のシート争い。 完全に買い手市場になるでしょうから、琢磨はことのほか厳しい立場に追い込まれたような気がしますね・・・ ホンダのバックアップも失うわけですし。

ブルーノ・セナもホンダかトロ・ロッソかってな感じでしたし、そもそも、すでに空いてるシートは少ないですからね・・・ これはイタイ ・゚・(つД`)・゚・

 

第3期のホンダは、この顛末が全てを物語ってますね~。 進むべき方向が常に定まっていなかったというか、迷走に次ぐ迷走を重ね、そのまま消滅するんですね・・・

2004年~2005年の黄金期が今となっては懐かしいな・・・ 2006年の棚ぼたの1勝だけが救いと言えば救い。でも、これじゃあ往年のホンダファンは納得できないですよね^^;

 

業績が回復したらまた参戦する意向があるのか、それともこの去り方は「永遠の撤退」を意味するのか・・・

今は当然なんとも言えないのでしょうが、日本が誇る自動車業界の一員として、世界最高峰の舞台でのチャレンジは続けて欲しかったですね~。

業績が多少悪化したからって、ナンダヨ!!・゚・(つД`)・゚・

 

っつ~か、来年鈴鹿にF1が戻ってくるってのに、これは無いですよ~^^;

 

願わくば、2009年にチームが消滅することなく、日本に関連するチームとして再生して欲しいです。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。