タイガー VEまほうびんとく子さん PVS-G300

まさかまさかのポットです^^;

あれだけ要らないと思われるものを次々と購入しておきながら、「実はポット持ってませんでした・・・」なんてとても言えない・・・・゚・(つД`)・゚・

 

実は、もう10年以上ポットを使ってなかったんですよね^^; いや、あったのかな?10年以上前に購入した電気ポットがいつまで使われていたのかさっぱりわかりませんが、とにかく今の家にはありませんでした。

なんか電気代がもったいような気がしてたんですよね~。 その都度沸かしたほうがいいんじゃないかってことで、ずっと我が家はお湯を使うときはまず水から沸かしていたんです^^;

今の家になり、お湯を沸かすのも電気を使うようになった今、「電気代が・・・」なんて言っても結局電気で沸かすじゃない・・・ってのにようやく気づき、ポットの検討を始めました・・・というより、いちいち沸かすよりも絶対ポットを使った方が得だ・・・とw

で、数あるポットを見て回ったのですが、どれも同じにしか見えない・・・^^; 興味がないものなんて所詮こんなものですかねw

「もうどれでもいいや・・・ とにかく省エネそうなものを買っちゃおう!」

ってことで決めたのが、

TIGER PVS-G300です^^ やっぱ魔法瓶と言えばタイガーでしょうw

ウェブサイトを見ると一番省エネそうでしたし、実売価格は他とそれほど違うわけでもなかったので^^ 価格は、13,500円くらいでした。

300_4067

なかなかカッコイイ^^ 構造はVE。「Vacuum & Electric」ということで、真空保温と電気保温を併用するタイプです。 つまり、魔法瓶による保温で済むときは、そのモードにすれば電気代もかからないってことですね^^

300_4064

あ・・・手が写った^^;

一番左の「まほうびん」ってボタンや、その上の「とく子さんコース」ってのが省エネのボタン。「まほうびん」ってのは、先ほど書いたとおりヒーターを切って電気代を節約^^ よくわからないのが、この「とく子さん」ですよw

いったいどんな省エネコースなの?ってことで調べてみたら、

過去14日間の使用パターンを記憶して、曜日ごとの使用パターンに合わせてポットが自動的に使う時間帯はヒーターON、使わない時間帯はOFFに切り替えます。

なんと! 生活パターンを記憶・・・ へぇぇぇ!最近の電気ポットは賢いんですね!

そして、3・6・9・12時間から選ぶことができる節電タイマー。例えば、オール電化契約の場合だと10時~17時の7時間は電気料金割り増しの時間帯。 9時頃に節電タイマーを9時間にセットしておけば、昼の電気料金が高い時間は魔法瓶保温。その後最沸とうし、電気保温へ・・・なんて使い方もできるんですよね~^^ もちろん出かけるときに使ったり寝る前に使ったりでもOKですよね。

 

まあ、そこまでポットに気を遣うのもなぁ・・・^^; と、調べたときに思ったのが正直なところなのですが、それほど気にする必要も無いみたいです。

沸かすときこそ905Wと、なかなの電気を使用するようですが、なんと、90度保温時の消費電力は約10W。 ちょっと前のテレビの待機電力並ですよ! こんなに使わないものなんですね~。

ちなみに、メーカーのウェブサイトによると、年間消費電力は218kWh/年なんだそうです。 条件はわかりませんが^^;

 

ということなので、「湯沸かし」の時間さえ気に掛ければあとは放っておいてもそれほど痛くないですね^^

なんか、今まで「その都度」で沸かしてたのがどれだけ無駄なことだったかと思うと、ちょっと悔しいかも・・・w

 

あ、そうそう。 お湯と言えばカップラーメンってほどカップラーメンが大好きな我が家(僕を除くw)ですが、このポットはキッチンタイマー付きなんですね^^

ひょっとして今のポットでは常識の装備なんですか?? これ考えた人すごいですね~! みんなが喜ぶ機能ですよ、絶対^^

 

そして、なかなかよそで見ることができない「ポットの中」w

300_4069

僕がポットを見たときは、すでに嫁さんが水まで入れてスタンバイしてたので、こんな中途半端な画像になってしまいました^^;

上はかなり絞ってあるんですね~。 これで保温性を高めてるそうですが、果たして洗浄時は洗いにくくなったりしないのでしょうか・・・? と思われそうですが、僕の手でも余裕で入る大きさですし、絞ってると言っても一関節程度。しっかり洗えますよ^^

なんかかなり口が狭そうに見えますよね・・・写り方が悪かったかも・・・^^;

 

早速沸かして、コーヒーでも飲んでみたいと思います^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。