F1 2009開幕~^^

日本人としてはちょっと微妙な気持ちで迎えねばならない2009シーズン、開幕しましたね^^

ブラウンGPが初出場で初ポール。そして初優勝ってことで、これまた日本人として少し微妙な気持ち^^;

ホンダの第3期はなんだったんだ・・・とあらためて思っちゃいますね~。

とにかくフリー走行から安定してたバトンが、自身2度目の優勝をポール トゥ フィニッシュで飾りました。

レース自体は荒れに荒れたレースだったんですけど、終わってみれば、前評判通りの力を発揮したブラウンGPが1-2。3位には、ペナルティで予選タイムを抹消されたトヨタのトゥルーリでした^^

このレース。今シーズンから採用されたKERSシステムがどう作用するのかってのも注目でしたけど、タイムアップやオーバーテイク、そしてポジションキープと、それなりに見ることはできましたね^^ まだ、KERS搭載による車重増のハンデを克服するには足りないかな~って気がしないでもないですが、まだ開幕戦ですからね~。 これからどんどんKERS搭載車が優勢になっていく可能性は高いでしょうね^^

 

そして唯一の日本人ドライバー、中嶋一貴ですが・・・ 予選も決勝もミスを犯してリタイア・・・という残念な結果^^;

まだ開幕で有力チームがドタバタしてるうちに結果を出したいところですから、次戦は是非頑張って欲しいですね。

 

ところで、2009年シーズンはダウンフォースが軽減されたりスリックタイヤが復活したりと、KERS以外にもレギュレーションが大幅に変わりましたよね~。

「なんかマシンがかっこ悪くない?」って思った方もいるんじゃないですか?^^;

この変更点について、今日のレースの終盤にクビサとぶつかって表彰台を不意にしてしまったベッテルが紹介してくれてます^^

2008年のマシンから2009年のマシンにどういう風に変わったのかを3Dアニメで視覚的に見せてくれますので、すごく良くわかりますよ~。「フロントウイングが低くなって広く(大きく)なった~」とか、説明は英語ですが苦手な僕でもなんとか理解できますし、KERSのシステムも一目瞭然^^ 是非ご覧ください^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。