SanDisk Extreme IV CFカード

去年ニコンのD300を買ったとき一緒に購入した、SanDisk Extreme DUCATI EDITION 8GB。

これ一枚でずっと頑張ってきたのですが、最近撮った写真を現像する時間がそれほどなく、どうしてもメモリーの中にデータが入りっぱなしに^^;

少しは現像したり削除したりするんですけど、結局追いつかないためだんだん容量を圧迫してまして、最近では、常に撮影可能枚数の表示が100枚前後を行ったり来たり・・・

「これじゃいかんな~」とは思ってたんですよね^^;

もともとデータ保持の信頼性って意味からしても、コンパクトフラッシュの中に画像を入れっぱなしなんて言語道断なのですが、かといってゆっくり画像を吟味してる時間も取れず・・・

当座しのぎとして、「もう一枚CFを・・・」と、思ってました。

安いCFも最近はたくさんあるんですけどね~。 どうしてもD300の連写性能を殺してしまうような遅いカードを買うってのが自分の中で納得いかなくて・・・^^;

で、ずっとDUCATIエディションに引けを取らないExtreme IVを狙ってたのですが、やはり高性能カードは高いw

 

・・・と思っていたら・・・

三星カメラさんで、英語版ながら9,600円という破格の値段で売っているのを発見!!

当然ご購入~^^

300_4646

「安いものは偽物だ・・・」とまことしやかに囁かれているSDCFX4-8192-904です^^;

でも、いいんです! 上で「連写が~」などと書いておきながら、連写なんて普段全く使わないんだもんw いや、「だったら安くて遅いので・・・」ってのはダメなんです。「いつでも連写できるんだぜ~」という安心感が欲しいからw

・・・こういう買い物の仕方だから、いつまで経ってもお金がたまらないんですよね・・・orz

とりあえず、これが本物かどうかを知る術は僕に無いですし、D300の連写テスト・・・なんて、そもそもする気がないので三星カメラ さんを信じることにします^^

今度速いCFリーダーでも買ったらテストしてみようかな~。

300_4650

ってことで、開封! いつも思うのですが、どうして外国のブリスターパックってのは、親の敵!とばかりにがっちり閉じられてるんですかね~^^; 手じゃまず開けられない上に、ハサミを入れたら切り口で怪我しそうになるし・・・

ま、輸送上の衝撃でも壊れたりしないように、なんでしょうけどね~。 日本のやつは、わりと頑丈なやつでも開けやすいよう工夫がされてますよね^^

しばしの格闘を終え、やっと取り出すことに成功!

 

これで安心して撮り溜めることができます・・・w って、今度からはそうならないよう努力します^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。