BMW撤退・・・

F1 2009シーズンを最後に、BMWが撤退することが発表されました。

撤退理由はホンダとほとんど一緒と言ってもいいかな~。 GPで成績が全く振るわないのも一緒^^; なんていうか、寂しい流れですね~。

ドライバー達も驚きを隠せないようで、今後の事についての情報は、まだ特に何もありません。

しかし・・・ 自動車メーカーってのは、ホント簡単に撤退しちゃうものですね~^^; エンジンサプライヤーとしての参戦ならそれでもいいでしょうけど、チームとしてやってる時は、もう少し踏ん張って欲しいな~ってのが正直なところ。 昨年撤退したホンダにしても、今回のBMWにしても、未曾有の不況の下、会社や株主の同意が得られない厳しい状況だというのは理解できなくも無いですが・・・^^;

フェラーリは別として、残る「自動車メーカーチーム」は、トヨタとルノー。 これまたどちらも撤退が危惧されてるチームです^^; 資金繰りとしては、トロロッソやウィリアムズの方がよほど苦しそうですが、この流れだと、トヨタやルノーの方が危ないのかなぁ。

FIAの見解だと、「予算制限をしないから・・・」ということになるのでしょうけど、個人的な意見としては、エンジン開発の停止規約が結構大きいんじゃないかと思ってます。 自動車メーカーにとって、「エンジン開発ができない」ってのは、それだけで参戦意義が薄れるってことに繋がってませんかね?

 

それはそうと、このチームはどこかに引き継がれるんですかね~。 それとも「解散」?^^; 仮に解散しちゃったとしたら、クビサとハイドフェルドがあぶれちゃいますよね・・・あ、リザーブのクリエンもだ・・・^^; ってことは、また琢磨の復帰への道が・・・なんて ・゚・(つД`)・゚・

ここは一つ、去年のホンダのように1ポンド売却くらいして、誰かが存続させやすい環境を作って欲しいですね^^ ってことは・・・「タイセンGP」誕生?w

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。