ピケJr.チーム離脱へ・・・

って、「やっぱりな~」って思いながら記事を見たら、ルノーからの解雇発表ではなく、ピケJr.が発表したんですね~(゜▽゜;)

「敵に切られるくらいなら、自分で腹を・・・」ってことでしょうか^^;

 

記事によると、ルノーから、「もう走らせないよ~」との通告を受けたということで、事実上の「更迭」となったそうで、それを彼自身が発表ってことらしいです。

数々の不満とともにその発表が行われたそうで、彼のマネージャー兼チーム代表であるフラビオ・ブリアトーレを「死刑執行人」であると例えてますね^^;

 

まあ、彼の不遇はわからなくもありません。 なんせチームメイトは、ワールドチャンピオン。 どうしてもチームの力はチームメイトに注がれ、自分は二の次三の次。

「同じマシンすら与えてもらえない」状況の中で、常に偉大なチームメイトと比べられるわけですからね~。

ただ、F1の世界ってのはそういうものだというのも事実。 力を見せることができれば自然と速いマシンが手に入るし、そうでなければただ去るのみ。 それに加えてスポンサーをどれだけ持っているか・・・などもシートを得るための条件になるのが当然の世界ですからね^^; 厳しいですよね~。

 

彼の話では、「自身最悪の時期を終わらせることができ、ホッとしている」ってことですが、他人が聞いても「悔しいんだろうな~」くらいにしか思われないのが、また悲しいところ。

当然今後もF1での活動を望んでいるということで、今後は他のチームのシートを探すことになりますが、地に落ちている現在の彼の評価から考えると、それも未知数。

一説には、先日撤退を発表したBMWチームをお父さんのネルソン・ピケが買収するのではないか、と言われてるそうですが、そうなってくると彼のF1キャリアは「まだまだ続く」ってことになるでしょうけどね^^

まあ、琢磨復帰をしつこく望んでいる僕としては、このまま退場してもらった方が、可能性が増える分うれしいのですが、果たしてどうなることやら・・・

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。

2 コメント »

 
  • akashi より:

    確かにシビアな世界ですね~。ピケJr.の場合はチームメイトも偉大、父親もあのピケですから余計に大変かも。ただ、「ホッとした」というのはある意味本音かもしれませんね。

  • sho1 より:

    確かに、考えれば考えるほど焦る環境ではありますね~^^;
    いつもすごいプレッシャーと闘ってるのでしょうね。
    代わりのドライバーは、BMWのクビサが噂され出しましたね~。
    それじゃ、BMWのドライバーは?ってなるけど、BMWは撤退表明してるし、なんだか慌ただしくなってきました^^;

 

コメントを残す

XHTML: 以下のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>