ハンミョウ

※ 虫が苦手な人は注意してください^^;

相変わらず室内禁煙の我が家です。 タバコを吸うためには、暑かろうが寒かろうが外に出ることを余儀なくされ、雨が降ろうが槍が降ろうが吸い終わるまでは戻ることが出来ないという不便な生活・・・^^;

数十分~数時間おきに庭に出て一服・・・というのが、普段の生活の中で行われているわけですが、その時に僕が外に出ると、やたらとピョンピョンハンミョウやらバッタやらが飛ぶんで煩わしいんですよね^^; で、この間、ふとそんな話題が職場で出たときに、「ハンミョウって何?」と、意外な質問があったので、ちょっと撮影してみましたw

300_5665

これが、知る人ぞ知る「ナミハンミョウ」ですw

さして珍しくもない昆虫ですし、こうやって画像を見せると、「あ~これね^^;」と言われることうけあいだとは思うのですが^^;

小さい頃、これを捕まえては臭いをかぐという、そんな遊びが一時期流行ったんですが、なんて言うのかな・・・甘~い臭いがするんですよね。 偽物の柑橘系っぽい感じ?

体長自体は2センチくらいかな? 本当なら小さいので見つけにくいはずなのですが、近づくと2~3メートル飛ぶという妙な習性があるため発見が非常に容易で、虫取り網さえあれば簡単に捕獲できます^^ 遠くに飛んでいくことはありませんね~。だいたい4~5歩も歩けば届くようなところに着地します。そのため、自分の進行方向に飛んでしまったら、またすぐに追いついてしまい、再び飛ぶ。・・・と、その繰り返し。 正直言って「うざい」ですw が、その行動が「まるで行き先を案内している」ように見えることから、別名「ミチオシエ」などとも呼ばれるそうです。

英名は、「Tiger Beetle」。 その名の通り勇ましい昆虫で、肉食。実は生粋のハンターだったりします^^

鮮やかな色から、いかにも毒を持っていそうだ・・・と誤解されることも多いようですが、毒は持ちません。 ただ、あごは丈夫なので、油断してると痛い思いをしちゃうかも^^;

ってことで、ハンミョウの紹介でした~。

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。

4 コメント »

 
  • akashi より:

    「ハンミョウ」、珍しくないんですか?^^
    私はあまり見かけた記憶がなかったのでちょっと驚いちゃいました。私の実家はかなり田舎で山の中なんですけど、遭遇した記憶があまりないので・・・。もしかして都会に生息する虫?(笑)

    英名の「Tiger Beetle」も初耳でした。勇ましい名前ですね~。名前だけだとイメージが湧かないかも。^^

    初といえば、今日家族で出かけた際に博多名物らしいのですが「棒餃子」なるものを食してきました。なんとなく餃子のイメージとして半月形(?)というのがあったので、不思議な感じでしたね。^^

  • sho1 より:

    え? ひょっとしてハンミョウってのは、こっちの地方でだけこんなにありふれてるんですか??
    都会に生息するっていうか、あまり植物が無いところに生息してるらしいです^^

    っていうか、何ですか?棒餃子・・・って・・・
    全然見たことも食べたことも無いのですが、博多名物と聞いて驚きました^^; ひょっとしたら屋台とかで出てるのかな~。
    う~ん・・・w

  • akashi より:

    《 棒餃子 》:wikiより引用
    近年、日本では春巻きに似た形で鉄板焼きにしたものを棒餃子(ぼうギョウザ)または焼き棒餃子(やきぼうギョウザ)と称して出す店が増えている。しかし中国では餃子とは呼ばず、「??火燒(ダーリェンフオシャオ、d?lian hu?sh?o)」と呼ばれている。着物の袖口に似ている焼き物という意味の名で、北京の下町のスナックでありレストランで食べられることは少なかったが、近年は出す店も現れている。

    お店の宣伝文句と看板には、博多名物とあったのですが騙された?(笑)

    sho1さんが知らないとなると、間違いだったのかなぁ・・・。ご気分を害されたとしたらゴメンなさい。^^;

  • sho1 より:

    気を悪くしたなんてとんでもない!
    自分が知らないものが名物だったってことに驚いただけですよ~^^

    そうですか~ それが棒餃子なんですね~。 ちょっとみんなが知ってるか聞いてみないといけませんねw
    意外と地元の人間が全く知らない「名物」ってあるかもしれませんね~。

 

コメントを残す

XHTML: 以下のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>