メールの偽装!?

なんだかうちの息子がバカをやらかしてるみたいで、学校の先生からのお電話と、迷惑を掛けた相手の親御さんにかなりのお叱りをいただいています・・・^^;

 

そもそもの原因は、息子のメールアドレスから届いた、相手のお子さんへの誹謗中傷のメール。

もちろんとんでもない話で、これを息子が送ったのでしたら謝っても謝りきれない事態なのですが、息子はメールを送信していないと言うものだから話がややこしく・・・

まあ、親なんてそんなものかもしれませんが、息子が「やってない」って言ったら、やっぱりやってないんじゃないかと思うんですよね。 しかも、たった一通のE-mail。 PCにちょっと詳しい方ならご存じだと思いますが、世の中にわんさかある迷惑メールとかの差出人を辿ろうとしても、ちょっとやそっとじゃたどり着きませんよね。 それは、メールなんて偽装しようと思えばなんとでもできるから。

そうは言うものの、やはり息子が怒られたくないばっかりに嘘をついてる可能性を、僕は否定できません。 ここは客観的に、事実だけを積み上げて、できれば息子の汚名をそそぎたい。

 

そもそも、メールが届いたときに出てくる送信者のアドレスは、簡単に書き換えられます。

Outlookでしたら、ツール→アカウントで見れる、

mail

この画面。 ここの「ユーザー情報」ってところを書き換えるだけで、メールヘッダの「from」が書き換わります。 送信者は、返信を求めないならば、ここを自由に変えても困らないため、ホントにテキト~に人のアドレスなどを入れられるんです。 つまり「差出人」にアドレスが載っているだけでは本当に送信した人間かどうかなんてわからないんですよね。

うちの息子の普段の素行のせいなのでしょうけど、先生は完全に息子を「クロ」だと認識されているようで、「アドレスが出てるのに、送ってないわけがない」とおっしゃるのですが、これだけでは絶対にとは言えないわけです。

 

それなら、ヘッダ部分に記されるIPアドレスはどうでしょう。

最初に気にしないといけないのは、Receivedヘッダーなのですが、ここには、送信側、受信側のSMTPサーバのIPアドレス、受信した時間などが書かれています。 一見、「ここに書いてあることは正しいだろう」と思われがちですが、これもちょっと知識があれば偽装可能。 自前のSMTPサーバを持っていさえすれば、「もうなんでもあり」って状態なんですよね・・・

なので、ここでも特定することは不可能に近いと言わざるを得ません。

問題のメールを見たら何かわかるのかもしれませんが、それは先方が持ってあるため、今のところ確認できず・・・です^^;

 

しかし、「シロ」というのを立証するのも難しく・・・

「うちの息子には偽装なんてスキルは無いから」と言ったところでどれだけ信用してくれるかどうか・・・

 

なら、「メールソフト」を調べてみれば?って話になると思うんですが、実は、ちょっと前に息子はPCを僕に取り上げられていて、現在は嫁さんが持ってるPCにウェブメールでアクセするのみの環境。 つまり履歴は無いに等しいんですよ^^;

それと、これが一番の大失態。 中学生ってのは、いや、うちの息子はなんて浅はかなんだろう・・・ってことなのですが、実はうちの息子、そのログインIDとパスワードを学校でベラベラ喋ってるみたいなんです orz

ってことで、誰でもそのウェブメールにアクセスし放題^^; 自分の家のPCだけでアクセスできる環境と違い、ネットに繋がったPCならどこでも誰でも。しかもケータイですらアクセス可能なんですよね・・・

これには目の前が真っ暗になりました^^; もう「パスワードを教えてしまった」時点で、かなり息子の責任ですもんね・・・

当然といえば当然なのですが、ウェブメールでどんなものを送ったかなんて、調べるのは個人レベルでは不可能。送信履歴にあるならまだしも、「送信メールをコピーして保存」のチェックボックスが、デフォルトではオフになってるって環境ですからね。 当然どこに何時に送ったかなんてわかりっこない^^;

せめてログインしたPCのプロバイダでもわかれば・・・ってことで、もちろん、業者さんにログの開示を求めてはいますが、見せてくれるかどうか・・・

 

いずれにしても、今現在、「息子がクロと断定は出来ないが、シロとも言い切れない」という状態。

先生は「(認めないと)大事になりますよ」とおっしゃいますし、相手の親御さんは、「とにかくご両親でいらしてください」とおっしゃってます。 もちろん貴重なパスワードを、事もあろうか人に言ってしまってるのは紛れもない事実で、その件についてはしっかりお詫びをせねば・・・と自覚してはいますが・・・

何かいい知恵はありませんかね・・・ 該当のメールが見れないのがな・・・

ともかく、被害に遭われた方の心中はお察ししますし、それこそうちの息子が嘘をついていたってことになったらもう大変じゃ済まないですからね。 なんとか調べたいとこです。

 

それにしても、先生にこれだけ信用が無いなんて・・・ よほど普段の行いがいいのでしょうね^^;

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。