Windows 7 プログラムのインストール

新しいOSで一番気になるのは、自分が使っているプログラムが動くかどうかですよね~。

・・・ですが、さすがXP互換を謳うWin 7。 今のところ「動かなかった」ってのはありません^^

あれだけ気にしていた64bitの問題も、特にたいした問題も出ておらず一安心です。

まあ、本格的に使ってみると「あれ?」ってなことは出てくるのかもしれませんが、一応今インストールしているプログラムを紹介しておきますね。

 

・Microsoft Office 2003,2007

さすがにマイクロソフトのソフトですし何の問題もありません。どうしてもExcel 2003の環境が必要なので、2003もインストールしましたが、そちらも問題ないようです。

 

・Kaspersky Internet Security 2010

公式ページに、「2009は対応しない。2010は、12月に対応予定」と出ていたので、一番心配していたソフトです。 無償バージョンアップで2010にするのはいいとして、それがWin 7にインストールできなかったら・・・

ですが、その心配は杞憂に終わったようです^^ 2010のインストールも普通にできましたし、動きもおかしくありません。 公式対応版が出たら、またアップデートか再インストールをするとして、当面このまま乗り切ることができそうです。

 

・Lhaz(圧縮解凍ソフト)

問題ありません。Vistaのときは、インストールに一工夫要りましたが、今回は何も^^

 

・Firefox 3.5.4

問題なし。 最初、「お使いのOSに対応したバージョンはありません」みたいなことが、ウェブからダウンロードしようとした時にメッセージとして出てきましたが、これはユーザーエージェントかなにかがWin 7を認識できないからで、プログラム自体は使えるはず!ってことで強行w

 

・一太郎2007(ATOK含む)

何の問題もありません。

 

・Nikon Capture NX2

動くことは動きます^^; 今のところこれが一番怪しいですかね~。 立ち上げるときに、強制的にXP互換モードになりました。 まあ、それで使えるのでOKなのですが、毎回「ユーザーアカウント制御」ってのが出てきて、システム変更の許可を求められています^^;

公式ページには、Win 7の32bit,64bitともに対応予定だということですので、できあがったら再インストールします。

 

・Microsoft intelli point

持っていた6.3は、対応していないということでどうしようかと思っていたのですが、Windows Updateから自動的に対応版がダウンロードされました。

 

それと、以前の記事で書いたP5K-E用のチップセットドライバがインストールできなかった件ですが、ダウンロードサイトを「中国」にしたらOKでした。 バージョンが違うってことは無いと思いますし、現在は直っているかもしれませんが、一応ご報告まで。

 

また何かわかりましたら記事として追加します^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。