カッターと言ったらOLFA!

カッター カッター オルファ、オルファ~のフレーズがすぐに頭に浮かぶ人は、OLFAマニアかもw

ってことで、昔からお世話になってるOLFAのカッター。

社名が、「折る刃」から来てるのは有名ですよね~^^ 1956年に、岡田良男さんという方が板チョコを折る姿からヒントを得て誕生したという折る刃式のカッターナイフ。 僕はこれが日本発の技術だって知ったときにすごく驚いたのを覚えてます。

今でも、替え刃のサイズや折れ線の角度はオルファが決めたものが世界標準ってんだから、やっぱり驚きですよね~^^

 

初めて意識してOLFAのカッターを購入したのは、建築現場で働いていた頃です。 当時はカッターなどにさして興味もなく、その辺で売ってる安いものを買って使っていたのですが、ある日ふとしたことから、同じ職場の職人さんにカッターを借りたところ、その使いやすさに唖然・・・(゜▽゜;) 刃の切れ味はもちろんですが、柄の部分はすごく力が入りやすく作られてることや、刃のブレがほとんど無いことなどなど・・・ 「これどこのなんです???」と、すぐに聞きましたね~w

で、それから15年くらい。ず~っとOLFAのカッターを愛用しています^^ それほど値段が高くないのが長く使ってる一番の理由かも^^;

 

僕がお気に入りで使ってるのは、ハイパーL型。刃の幅は18ミリの大型タイプですが、非常に力が掛けやすく、また大きいからといって扱いづらいなんて事は無く、オールマイティーな用途で使っています^^

 

・・・と、ここまでは普通にOLFAが好きだ~って話なんですが・・・ 今日、仕事で買い物に出かけたところ、リミテッドシリーズなるものを発見。 シルバーに光る美しいフォルムw 見た瞬間から心惹かれ、迷わずレジへ^^;

DSCN0106

カッコイ~!! リミテッドNL Ltd-07です。 ハイパーL型よりはやや厚めのグリップ。後部の爪はありませんが、使い勝手はもちろんOLFA。問題なしです^^

なんと言ってもシルバーってのがいいですね~w まあ、これが金属グリップなら僕としては最高なのですが、残念ながらプラスチックです^^; でも、丁寧にバフ研磨してあって、パッと見た感じはすごくいい感じ^^ なんだか使うってよりも飾っておくって方がいいかも・・・と思わせる渋さですよ~。

 

さらに、もう一本。

DSCN0105

リミテッドSK Ltd-05も購入。 こちらは細いタイプですが、普通のカッターと大きく違うのが刃先。

DSCN0108

どうです? すっごく鋭角でしょ~。 細密な作業に適している細工カッターなんですよ^^ 角度は30度。そのため、切り口がよく見えるんです^^

まあ、僕の場合模型もやりませんし、デザインをするわけでも無いので、そんなに細かな作業はほとんどすることが無いのですが、それでも配線のシールドを剝いたりってことはたまにやるんで、活躍してくれることでしょう^^

 

他にもいくつかあったのですが、さすがにカッターナイフにそこまでお金を使うわけにもいきませんので、今日は我慢^^;

いや~、シリーズでそろえてみたくなりますね~w

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。