SANYO 新eneloop

今やすっかり充電池の代名詞となったエネループ。 僕も普段は充電池を多用しているのですが、最初に買ったのがパナソニックのメタハイシリーズで、単三を24本、単四を12本も持っているため、エネループはちょっと縁遠い存在でした。

最近になって、Wiiなどの新しい機器が導入されたことにより、「電池足りない・・・」ってな状況が発生していたため、充電池を買い増しすることに^^

そこで、かねてから評判の高いエネループシリーズを導入。 本日買ってきました^^

300_6554

パナソニックのHHR-3SPSもいくつか寿命になってきてるので、これから徐々にシフトしていこうと単三を12本^^ 充電器と単三電池が4本セットのN-TGR01ASと、電池が8本セットのHR-3UTGA-8BPです。

昨年暮れに新型になって、電池はHR-3UTGAという型番になりました^^ これによって充電回数が従来の1000回から1500回に大幅アップ!

あと、僕ら消費者には直接実感は無いんですけど、出荷時の充電で太陽光を利用することになったそうです^^ エコですね~。

新型の旧型の見分け方は、電池にプリントされてる王冠があるかどうか。

300_6562

このように王冠がついてるのが新型ってことですね~。

まあ、電池そのものの性能がかなり高いので、旧型と新型の寿命が違うことを実感できる人は少ないんじゃないかと思います。(一週間に1回の充電としても20年持つってことですし・・・)なので、それほど気にすることもないのかもしれませんね^^

 

次は充電器。N-TGR01ASです。

300_6556

充電できる電池は、単三、単四いずれかを同時に4本まで。組み合わせは自由だそうです^^

単三2本と単四2本や、単三1本と単四3本など、とにかく同時に4本までならOK。

しかも同時に充電する本数が2本なら2倍速、1本なら3倍速といった急速充電が可能です^^

 

正直な話、前のモデルを持ってたわけでも使ったことがあるわけでも無いので、「新しい」って言ってもどう新しいのか全然わかりません^^;

ただ、似たモデルとしてN-TGR03ASってのがあるのですが、そっちは電池残量チェック付きで実売も1000円くらい高かったです。 今回「01」にしたのは、単四電池の同時充電本数が「01」のほうが多かったから。しかも1000円安いしw

電池残量が3段階でわかろうがどうしようが、今まで充電池を使っていて困ったことはほとんどありませんからね~。 充電済みと要充電の電池を分けて置いておくってのが身についてるし、そもそもバッテリーテスター持ってるんで^^;

なので、この時点ですでに高い03を買う必要は無かったんですが、01が単四電池を4本同時に充電できるのに対し、03は2本。

急速充電にしても、上で書いた一本のみの充電時に機能する「3倍速充電」なる機能がついてるのが01で、03にはそれがありません・・・

 

あれ?03を買うために1000円多く出すメリットって電池残量チェックができるってだけで、他の性能は全部01の方がいいの???

なんだか釈然としませんね・・・

ってことでちょっと調べてみたのですが、03の方はリフレッシュ機能がついてるんですね~。 今はそれほど言われませんが、昔のニカド電池を使ってた人には「メモリー効果」って問題がつきまとってましたよね~。 使い切ってない電池を充電すると・・・ってやつ。 あれを解消するための機能ですね^^

なので、03が高いのは、ニカド電池の充電にも対応してるからってことですね^^

僕はニカド電池の資産がありませんし、単四の充電もするし、安い01を買ったのが正解^^ それぞれ用途に合わせて最適なセットを選ぶといいってことですね~。

 

今度は当然単四電池を購入予定です^^

このエントリーは、RSS 2.0 feedに対応しています。 コメントまたは、トラックバックをどうぞ。